カンボジアで食べた生春巻きを再現したい!

東南アジアを旅していると、ぶっ飛んだ味覚に遭遇します。バシバシのハーブ、喉から火が出るような激辛料理、かと思えば骨まで溶けそうな激甘スイーツだったり。

あの“衝撃”が恋しくて、帰国後レストランを訪れるも何かが違う。おいしくないんじゃなくて、物足りない。ならばと自分で再現してみるんだけど……やっぱり日本のスーパーでは売っていない“何か”が不足している。

いいえ、違います。コレで(多分だけど)現地の味は再現可能!

日本で出会ったことのない
香草の力強さ

5921067046535168
© iStock.com/irman

そもそも生春巻きといったらベトナム料理だけど、お隣カンボジアでも好んで食されているようで、ライスペーパーにエビや豚肉、ビーフンなんかをたっぷりのフレッシュハーブとともにくるっと巻いて食べる。そこはだいたい同じ。

特長は、ベトナムのそれよりも甘酸っぱいソースでいただくという点。酸っぱさを生み出すのはコブミカンなんですけど、葉っぱのほうは、料理の香りづけに使われたりしますよね。バイ・マックルーって呼ばれてるアレです。

では、ソースだけが違うのかといえばそうじゃない。ハーブに差あり。僕はこっちの方が大きいんじゃないかと思ってます。

東南アジア最大の湖トンレサップの恵みを受けた肥沃な土地で育ったハーブは、香りも味もとにかく力強い。どぎつい薬草系の匂いがするんだけど、粘膜に絡みつくような湿気のなか食す、パンチあるハーブ香が全身をスッキリさせてくれて、とにかく美味なんだなぁ。

口内だけでなく、腸内洗浄までしてくれるような、あの爽快さを日本で再現するには何が必要か。思い当たる香草をひと通り巻いてはみたものの、組み合わせの妙はなかなか生まれません。

やはり、スーパーで手に入るような食材ではムリなのか……。

アレはもう、
“ドクダミ”でしか解決できない!

4788049036705792
© iStock.com/paylessimages

こうして、手を出したのが「ドクダミ」。それはもう必然であり、僕の中での最後の選択肢。陰湿なイメージがあるでしょうが、古くから「十薬」とも呼ばれ、乾燥させてお茶にしたり、天ぷらににして食したり、口にしてきた歴史はあります。うん、いけるはず。

もう、ほとんど衝動。どくだみの葉を数枚ちぎって、水に浸して、よーく洗って。これをパクチーやミント、バジルとともにライスペーパーで包み込んでみました。

キター!これこれ。赤土の大地で食べた、(ほぼ)あの生春巻きですよ。鼻に抜ける香りは強烈、だけどそれがくだんの香草類の爽やかさと渾然一体となり、野暮ったいんだけどデリカシーのある、“リアルな生春巻き”の再現なりました。

トライしてみて!

再現料理:カンボジア版生春巻き
再現食材:どくだみ
再現度:★★★★☆

Top image: © iStock.com/The Jeabster
生春巻き、揚げ春巻きを体験してはいても、「蒸し」があることを知っている人は意外に少ないんですよね。第3の春巻き「バンクォン」は、ぷるぷるの皮が持ち味。本来...
生春巻きをつくると、どうしても数枚余ってしまうライスペーパー。保存が効かないこともないのですが、あまり頻繁につかう食材でもないだけに…。という人にこそ、こ...
パン作りは発酵が手間、というイメージがあるかもしれません。そこで「春巻きの皮」を代用して、面倒な発酵作業を一切省いたベーコンエピのつくり方を紹介します。あ...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
ハロウィンに使用するのは、オレンジ色をした西洋かぼちゃやペポかぼちゃ。ですが、こちらは私たちがよく知る東洋かぼちゃを使ったスイーツです。「カンボジア」が語...
Netflixで公開中のアンジェリーナ・ジョリー最新作『最初に父が殺された』は、カンボジアの作家であるルオン・ウンによる手記『最初に父が殺された(原題:F...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
北アフリカ・チュニジアの代表的な料理に「ブリック」というものがあります。これは、好みの具材を小麦粉の皮で包み、パリパリに揚げた大きな揚げ餃子のようなもの。...
この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
ファミレスの定番メニューのひとつとして、日本人の舌にも受け入れられた米ケイジャン料理の「ジャンバラヤ」。でもこれ、ピラフなのか炊き込みごはんなのかイマイチ...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
20代を振り返って反省したり、将来のことが心配にもなってくる30代。「本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは、アナタだけではありません。そんな...
ここに紹介する動画には、ハロン湾の豪華クルージングの様子も、世界遺産ホイアンのランタン祭りも、カイランの水上マーケットも、コロニアル様式の美しいホーチミン...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
花畑牧場が巻き起こした、生キャラメルの一大ブーム。味はもちろんのこと、とろ~りとろけるあの食感も、多くの人を魅了する理由の一つですよね。では、もしあの生キ...