「武器」でぶった斬るロシアの美容師

Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師。日本のテレビ番組でも紹介されたことがあるので「あの美容師!」という人もいるのではないでしょうか。

来店したお客さんは、台の上に頭を置くように指示されます。あとはじっとしていればOKです。簡単だと思うか、難しいと感じるかは、あなた次第ってところでしょうか。

動画を見ると、彼は狂気に満ちたように斧を振りかざしています。しまいには、楽しむかのようにリズムを刻み出すもんだから、もう見ていらせませんっ!

とは言っても、彼は巧みな技の持ち主。髪をザクザク切るだけではなく、梳いたり段を入れたり、なんだかんだでオシャレに仕上げてしまうのです。

なにかと破天荒なイメージがあるロシアですが、これはさすがとしか言えませんね。

Top image: © Daniil Istomin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
心温まる動画をご紹介。
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
写真は、名作猫ムービーの主人公・チグラーシャ。かわいい!という話。だけじゃありません。新宿で開催中の上映イベント「ロシアン・カルト2018」は、ロシアの魅...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
ベアボーンズ・リビングの「プラスキアックス」と「ハチェット」、キャプテンスタッグの「全鋼馬斧 360」、バックの「バックナイフ 106 ハンドアックス」を紹介。
5年で10店舗にまでチェーンを増やすことに成功した、ロシアのネイルサロン『Nail Sunny』。急成長の背景には、Instagramに投稿しているユニー...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルに...
ロシアは国土のスケールも大きいですが、スポーツのスケールも大きかった!? 郊外のスケートリンクで行われたのは「カーリング」のトーナメント戦。ストーンの代わ...