自在な六角形が楽しい「ミニマルなライト」

『Helios Touch』は、一つひとつは小さな六角形のライト。ですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特長。要するに、モジュール式ライトです。

灯りを点けるのに必要なのは、あなたの手。表面をスワイプをするだけでON/OFFができちゃいます。デザインは、とってもミニマルな仕上がり!

下の画像のように、観葉植物や置物のかたちに合わせてライトを配置できるのはオモシロいですよね。

スターターキット(5個のライトと電源コードなど)は、約1万4000円(119ドル)。追加でライトを増やしたいなら、同じ金額で10個セットの購入も可能です。

Top image: © 2018 Helios Touch
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
輪っかがあることで有名な土星ですが、実はもう一つ有名な特徴として知られているものがあります。それは、てっぺんにある六角形の不思議な渦。約30年前に見つかっ...
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
これは、デンマークの自転車ブランド『Biomega』が、2021年から2023年ごろにリリースすると発表したEVコンセプトカー『SIN』です。
空に昇る太陽をイメージしたライト「Ra Lamp」は、0度から90度にかけて徐々に明るくなる仕組み。自分の体の動きに合わせて明かりを調節できるので、ベッド...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
いざって時にライトニングケーブルがない! そんな事態に陥ったことが、iPhoneユーザーであれば誰もがあるはず。万全を期すなら、自宅用・車内用・持ち歩き用...
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...