「動けるヤツが、いちばん強い。」BANK光本勇介のスーツ

「普段まったく着ないんですけどね、スーツとか」。

即時買取アプリ「CASH」などを手がける株式会社バンクの代表、光本勇介さんは、表彰式などの大事な場面にもパーカーで出席してしまうほど、根っからの “ラフな人”。

「お祝いの赤い花がつけられなくて、仕方ないからパーカーの紐に結びました(笑)」

そんな光本さんが「これは着させられてる感がまったくない」と気に入ってくれたのが、ナノ・ユニバースのスーツです。ジャケットではなく、歴としたスーツ。

カジュアルなイメージが強いブランドなので、「スーツ」という響きから新鮮ですが……。

普通のスーツとも違うし
カジュアルなジャケパンとも違う

このスーツは、ナノ・ユニバースが新しく展開しているもので、コンセプトはズバリ —— 動けるヤツが、いちばん強い。

まさに、スーツのあり方が変わりつつある現代に求められていた一着ではないでしょうか。ちなみに「動ける」という言葉には、身体的な意味だけではなく、仕事や遊びにも積極的に取り組む、マインドの面も込められているそうです。

たとえば、オフィスでデスクワークをするとき。長時間スーツだとさすがに疲れますが、この「動けるスーツ」はファブリックがとても柔らかいので、ほとんど気になりません。「普通のスーツってもっと堅苦しくて動きが制限される感じがするんですけど、これは軽いし、肩まわりも楽チンなんです」と、光本さんも笑顔。

「IT業界はスーツ着ない人が多いですよね(笑)。でもこういうスタイルなら提案してもいいかもしれませんね」。実際、このジャケットは裏地、芯地、肩パットなどを使わないアンコン仕様なので、とてもソフトで軽快な着心地。

とはいえ、いわゆるカジュアルなジャケットのそれとも違って、ちゃんと「スーツ感」があり、型崩れしないタフさが嬉しい。カジュアルからビジネスまで、幅広く対応できるんです。

気になる方はコチラから!

インナーを襟付きのシャツに替えれば、ミーティングや突然の来客にも対応できます。「ずっとフォーマルなのはしんどい」という人にこそ、使い勝手がいいはずです。

一般的なスーツだと固すぎるし、カジュアルなセットアップだとゆるすぎるし……といったシチュエーションのとき、どちらにも “ちょうどいい感じ” で対応できるのがこのスーツ最大の魅力でしょう。

このスーツには
Tシャツもスニーカーもハマる

すでにお気づきかとは思いますが、ビジネススーツにもかかわらずTシャツやスニーカーとの相性もいいんです。普通のスーツでそんなことをしたら、まず浮いてしまうでしょう。

「このカットソーとの組み合わせとか、本当にラクですね。少しでも堅苦しかったり違和感があるとイヤなんですけど、すごく着やすいです」

一般的なスーツの場合は肩パッドもあり、もっとカッチリしてしまいます。当然Tシャツとの相性は悪くなります。

「肌触りもいいですね。うん、気持ちいいです」

タイドアップすれば
そのまま大事な打ち合わせにも!

カジュアルなジャケパンにタイドアップしても堅いビジネスシーンには対応できませんが、このスーツなら問題なし。ピシッとネクタイを決めて、そのままクライアント訪問や出資先との大事な打ち合わせにも行けます。

このあたりは、きっちり「スーツ」として本業の顔も覗かせてくれるから頼もしいです。

ちなみに光本さん、普段から外出するときも「スマホと財布を素手で持っていくだけ」というほどの手ぶら派 。遠方への出張でもない限り、カバンを持つことはほとんどないそうです。

カバンすら持ちたくない人は
内ポケットに全部イン

そして、そんな意見を待ってましたとばかりにこのスーツ、見た目のスマートさとは裏腹に、内側のマルチポケットが超充実しています。

長財布、スマホ、モバイルバッテリー、ボーディングパスなど、ちょっとした “お出かけ” レベルならほぼすべての荷物が収まります。身の回りの小物をスマートに収納できるあたり、まさに「動けるスーツ」。

パンツのポケットもファスナー付きなので、貴重品の収納はもちろん、ジャケットのポケットと合わせ技で活用すれば、さらにボリュームが増えても余裕です。

さっそくチェック!

「新鮮でしたけど、
現実的にめちゃくちゃ使えますね」

「バンクという会社では、これまで主に一般の方向けのサービスを作ってきたので、商談とかの機会もほぼなかったんです。でもこれから対企業向けのサービスも考えているので、まさにこのスーツは重宝しそうです(笑)。あとは、目上の経営者の方と食事させていただく機会も増えてきたので、そういうシチュエーションにも良さそうですね」

スーツの否定ではなく、スーツのアップデート。そんな想いが感じられたナノ・ユニバースからの提案。

スーツ苦手派の人にこそ、刺さると思います。

詳しくはコチラ!

アカウントを持っているショップへアクセスすると、購入が簡単ですよ。

Amazonはコチラ!

楽天市場はコチラ!

ZOZOTOWNはコチラ!

あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
8月25日(日)から31日(土)まで、表参道の「FABRIC TOKYO」にて、女性のための「メンズオーダースーツ」採寸イベントが開催。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
「Ultra Suit」は、「水」に関するトラブルを一気に解決してくれる、防水機能のあるスーツです。でも、防水どころか、防臭性や伸縮性もあるため、シワにな...
大量の情報、商品、買い方の前に正しい判断に迷う「買物ストレス」が増加する中、もっと気軽にオーダースーツを楽しんでもらいたいとの思いから、「THE SUIT...
ベルギーリーグ1部のサッカークラブ「シント=トロイデンVV」がオフィシャルスーツサプライヤーとして都市型オーダースーツブランド「Aoki Tokyo(アオ...
「ファッションの信用」を掲げる日本発のブランド「EQUALAND」の紹介です。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
ビジネスウエアの代表格「スーツ」の「ラペル(襟)の穴」に隠されたロマンチックなストーリーとは?
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...