1000億円超を投じる
「中国のトイレ革命」

ライターの柳です。先日、中国の廈門(アモイ)市を訪れたときのお話をします。ここはリゾート地なだけあって温暖な気候でゆったりとした空気が流れ、とても居心地がよかったです。

でも、その旅で最も印象に残ったのは、ビーチでも食事でもなく……「トイレ」でした。

というのも、2011年に訪れた北京では、古いレストランなどへ行った際、大都市といえど整備されていないトイレを目にしました。壁も仕切りもない……「ニーハオトイレ」って呼ばれるアレです。でも、廈門市で利用したのはどれも個室で清潔感があるものばかり。

その違いに気づいたとき、「もしかしてこれは『トイレ革命』の影響かも?」と思ったんです。

厦門市はリゾート地だから清潔で整備されていたのかもしれませんが、中国ではここ数年で習近平政権の下、水洗トイレの普及率が上昇。

旅行に出発する少し前も、日本円で約1150億円の予算が中国政府から投じられるとの報道があったほど。その額で、1000万ヵ所もの農村地域のトイレが修繕できるのだそう。

近い将来、ニーハオトイレを見ることも聞くことも失くなるのかも……そう思えました。そして、今後は私のように、中国のトイレに好印象を抱く観光客人がどんどん増えていくのかも(文句を言いはしましたが、少し寂しい気分も……)。

Reference: Global Times
Top image: © iStock.com/htomas
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
「Netflix」は、先日12月9日に発表された米「ゴールデングローブ賞」において、合計で34ノミネーションという快挙を成し遂げた。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
上海や深センの摩天楼とは異なり、最近は伝統建築のリノベーションが目を引く北京。ここで取り上げる「东四胡同博物馆」という博物館でも、伝統とモダン要素を調和さ...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
「GMOインターネットグループ」は、12月5日に開業した「渋谷フクラス」の商業施設「東急プラザ渋谷」にて「GMOデジタル・ハチ公」をオープンした。
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
「東洋のベネチア」と形容される中国の蘇州市に新たにオープンした「Loong Swim Club」。子どもから大人まで楽しめる空間をとの想いが存分に込められ...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
中国の杭州市に、空前のリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
ノマドな古着屋「weber(ウェーバー)」のポップアップイベント「Reading」が、12月14日〜17日に「ヒビヤ セントラルマーケット」で開催。
コペンハーゲンで開発された「Lapee」は、女性なら誰もが経験したことのある悩みを解決してくれる簡易トイレだ。
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...