アメリカ、ゆで卵に本気出す!

ゆで卵をより美味しく食べようということで、アメリカでは今、こんなモノが売られています。

ゆで卵をディップ!

ゆで卵をシーズニングにディップして食べるんです。

この商品の名前は「PECKISH」。ゆで卵2個とシーズニングが一緒になって売られています。

フレーバーは5種類。例えば、チャーハンやウエボス・ランチェロス(メキシコ料理)風味があります。これらは卵を使う料理のため、ゆで卵とも相性が良さそうです。他には、「メープルワッフル」なんて甘いフレーバーも。

日本でも塩やマヨネーズをつけて食べることはありますが、シーズニングに目をつけるって、ちょっと驚きです。ゆで卵が主役じゃないみたい。

これは多くの人がスナック感覚で楽しんでいます。ポテトチップスやクッキーよりもヘルシーという理由で、小腹が空いた時に野菜スティックを食べる人がいますよね。あれと似たようなものです。

「PECKISH」は、一部のWhole Foodsの系列店で売られ、高級フィットネスクラブ「Equinox」でも取り扱われています。いろんな味を楽しみながら効率的にプロテインを摂取できるので、体を鍛えている人にピッタリという側面もあるんです。

「THE アメリカ」な
ゆで卵の食べ方

固定概念にとらわれないアメリカで、純粋に「ゆで卵をより美味しく食べる方法」を追求された結果が、この食べ方です。

シンプルだけど新しい。

今のところ「PECKISH」と全く同じような商品はありませんが、ゆで卵用シーズニングはAmazon GOでも販売されています。

どんどんとフレーバーが増えていき、アメリカ中に広がっていきそうです。

Top image: © PECKISH
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
思わず、「これは知りたかった!」と歓喜してしまう“表”がTwitterで話題。なんと、茹で時間ごとの卵の状態が、一目で分かってしまう画期的なものなのです!...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
「The Points Guy」が出しているインターンの募集。世界中を飛び回り、フライトやホテルなど、旅先や移動中に体験するモノ・コトをレビューするという...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...