「新生活」で失敗しないコツは、意外とシンプルだった

新生活が快適になるかどうかは、部屋探しにかかってると言ってもいいくらい。

「エイブルAGENT」は、LINEのやりとりだけで、部屋探しのプロに気軽に相談できるという、めちゃくちゃ便利なサービスです。

いますぐ、面倒な検索や比較をやめて、ストレスフリーな部屋探しに切り替えましょう。このサービスなら、日本全国どこにいても相談できるし、数ヶ月後の引っ越しについてアドバイスをもらうことも可能!

引っ越し先の土地勘がない人や、忙しくて時間がない人にほどオススメです。

 

こんな風に、LINEのやりとりをするだけで、気軽に理想の部屋を見つけることができるんです。

悩んだらどんどん相談!
セミオーダーのような安心感がいい

「LINEあるある」ですが、対面ではつい遠慮してしまうような相談も、メッセージならカジュアルに伝えられます。

「もっと駅近の物件はありますか?」「ちょっと予算オーバーです!」などなど。女性スタッフもいるので、聞きづらいなぁと思うことでも安心して相談できます。

さらに、いい物件が見つかるまで、とことんまでワガママに付き合ってくれるのがエイブルAGENTの人気の理由のひとつ。事前にやりとりをしておくことで、慣れない土地で物件を探したときにありがちな

実際に住んでみたら
→駅から遠かった
→人気エリアから離れてた
→買い物が不便だった
→夜になると暗くて怖かった
→もっといい相場のエリアがあった

といったギャップを解消できます。

わざわざ近くに住んでる知り合いを探したり、街のウワサ話などに振り回されることなく、理想の物件(むしろそれ以上の掘り出し物件!?)だって見つかるかもしれません。

1分もあれば登録完了!
しかも無料です

たたでさえ、ギリギリまで出費を抑えたいのが新生活。部屋以外にも、揃えなきゃいけないものがたくさんあります。でも、「エイブルAGENT」は無料なのでご安心を。

本気で時間がないときは「お金払ってでも誰かに手伝ってほしい!」という気持ちになりますが、無料でプロが手伝ってくれるので頼らない手はありません。

ちなみに、引っ越しの予定が具体的に決まってなくても、相談レベルで登録するのもありです。LINEで「エイブルAGENT」を友だち追加して、部屋探しに関する7つの質問に答えるだけ。1分もあれば完了です。

そのあとは “待つだけ” でプロが提案をしてくれます。

最後に、気にいった物件が見つかったときの流れだけ抑えておきましょう。

やることは “来店日時・名前・連絡先を伝える” だけ。以上。

不動産屋への予約まで「エイブルAGENT」がやってくれるので、来店までの流れもスムーズです。もちろん、相談したいことがあれば随時答えてくれます。

 

なにかと不安だらけの新生活。「部屋探し」がスムーズになるだけでも、とても気持ちがラクになるはずですよ!

とにかく羽を伸ばす、のも大切なんだけど。
新生活に合わせてラグをお探しなら、「会話のきっかけ」になるこんなユニークアイテムも選択肢に入れてみては?
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
フリーランスの料理人や若手フードクリエイターを束ねる「ツカノマノフードコート」が、総勢15名のフードクリエイターたちのレシピ付きエッセイをオムニバス形式で...
入社や転職、社内異動などで生活がガラリと変わった人が、最初の2週間にやるべき5つのこと。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、...
8月1日(木)から、IKEAが完売次第終了の限定コレクション「OMBYTE(オムビーテ)」を発売中。テーマは「引っ越し」。
仕事が終わって、疲れた体を引きずって、辿り着いたは暗い部屋。一人暮らしはしてるけどただ寝るだけの部屋。「何の為に家賃を払っているのかわからない……」という...
台湾から初上陸、漢方を扱うライフスタイルブランド「DAYLILY」。「COREDO室町テラス」内の「誠品生活日本橋」にオープン。
新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎エリア」に位置する「新虎ヴィレッジ」に、グラフィティアートを自由に表現できる「フリーウォール」が出現。
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
コリビングサービスの「ADDress」と「ANA」が連帯し、多拠点生活の推進を図る「航空券定額制サービス」の実証実験をスタート。期間は1月31日から2ヵ月間。
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
パキスタン出身で医者のRehan Munirさんは、アメリカで仕事経験を積むためにニューヨークで部屋探し。インターネットに自己紹介と写真を掲載したところ、...
「AJI PROJECT」は、庵治石をつかって、たくさんのつくり手が生活に寄り添うプロダクトを展開するプロジェクトです。
雑誌『Hanako』が監修するアイスバーの第3弾は「バナナジュース」がテーマ。全国のファミリーマートで4/7より先行販売。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
遊牧民族のように引っ越しをどんどんするタイプの"ジャパニーズ遊牧民"の方、要チェックです。
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
新元号の「令和」が発表された直後、多くの人が「REIWA(西オーストラリア不動産研究所)」に注目。4月1日、REIWAのWEBサイトのトラフィックは、7割...
普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
現在生活にアップデートされた神棚。「置ける神棚」「貼る神棚」。