和紙からできた「葉っぱのお香」でささやかな自然を日常に取り入れる

お香の名産地として知られる淡路島で約130年続く老舗の「薫寿堂」より発売されたお香「HA KO(ハコ)」。これは、職人の手で一枚一枚大切に作られた、葉っぱがモチーフの和紙のお香だ。

そのまま置いておくだけでもやさしく香り、その香りは気温や温度で変化しながら約3ヵ月持続。火をつけて焚くと空間全体に香りが行き渡り、消臭・抗菌効果を発揮。煙を燻らせながら葉っぱがじわじわと燃えていく様子は、小さな焚き火を眺めているようで気持ちが落ち着く。

写真は今月12日に新発売したブラックライン。「Relax」「Focus」「Sleep」の3種類があり、それぞれの目的に効果があるとされる天然アロマをふんだんに使用。

パッケージは個包装、箱入り、銅缶入りの3パターンを用意。「蔦屋書店」や「LOFT」、「東急ハンズ」などで販売中。オンラインショップでも購入可能だ。

©薫寿堂
©薫寿堂

価格:450円(税別)内容量:HA KO1枚

©薫寿堂

価格:3,000円(税別)内容量:HA KO6枚、不燃性マット

©薫寿堂

価格:8,800円(税別)内容量:HA KO7枚、不燃性マット

Top image: © 薫寿堂
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
「OKOLIFE」は、その名の通り「お香」が定期的に届くサブスクリプションサービスだ。
お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げ...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
マッチを擦るように火をつけて、立ちのぼる自然の香りに身をゆだねる。ここで紹介する「hibi」は、着火具がなくても手軽に使えるお香スティックです。「hibi...
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
一風堂カリフォルニア州サンタモニカ店のオープン記念に、「nonnative」がユニフォームをデザインしました。
西表島の豊かな自然と文化を次世代に継承するために、私たちツーリスト、一人ひとりにもできることがあるのでは?そんな思いで、2019年4月に「Us 4 IRI...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
スノーボーダーにオススメ!「LEDスノーボードキット」はLEDストラップをボードに装着するだけで、ナイターでも注目を集めるボードに大変身する。
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...