「路上生活者」に着想を得た「ホームレスバックパック」

「beta post」というブランドをご存知だろうか?

「観る人の思考を促すこと」をコンセプトとして2019AWにローンチ。ファッションという枠にとらわれることのない自由な発想により、プロダクトを通して環境やサステイナビリティといった問題を提起し続けている。

特筆すべきは、社会性のあるメッセージ一辺倒ではなく、カッコよさや機能性もしっかりと備わっている点。デイリーユースなファッションアイテムとして仕上がっているから、日々、ナチュラルに問題を意識できるわけだ。

肩肘張りがちなトピックスだからこそ、楽しみながら向き合いたい。たとえば、こんなバックパックを通して——。

beta postの代表作
「Homeless Backpack」

©beta post
©beta post

知恵を使って余剰品と上手な付き合い方を実践している路上生活者。その思考にインスパイアされた「Homeless Backpack」。

日常で目にするゴミとして捨てられていそうなものを生地や革などで耐久性を持たせて再現。ショルダーパッドの根元にはスプリングが内臓されていて、肩に掛かる負荷を安定させる。

©beta post

ラインナップには同コンセプトの「Homeless Knap Sack」もあり。

紙袋やレジ袋、 ブルーシートなど街でよく目にする素材をヒントにハイテク素材などを用いて多数の巾着をぶら下げたナップサック。メッシュ素材で通気性が保たれ、脇のファスナーから内側にアクセスできる仕組み。

「Homeless Backpack」の価格は42900円(税込)で、「Homeless Knap Sack」が31900円(税込)。最寄りの取扱店はコチラで確認を。

©beta post

環境を汚染するゴミ問題は一筋縄で解決できるものではない。余剰品として価値を失ったものも、捉え方によって再度価値のあるものに昇華される。

そんなメッセージが、生産者から消費者へと伝わり、環境に対して意識を向ける良いきっかけになることが理想的。「beta post」はそう考えている。

Top image: © beta post
TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。