うなぎと餃子だけじゃもったいない。「浜松グルメ」のポテンシャルがすごい

驚くほど食材が豊かな、浜松。

海、湖、山、川といった自然と温暖な気候が育んだ海産物や野菜はもちろん、浜名湖の存在が養殖文化を開花させたことはご存知の方も多いはず。ここでは、浜松に行ったらぜひ味わってほしい知られざる絶品グルメを紹介したいと思います。

地元の旬な食材は「浜松パワーフード」と呼ばれていて、徳川家康公の出世を支えた元気の源とも言われるほど。

また、長く地元で愛されるローカルフードや、お取り寄せで浜松グルメを楽しめる公式オンラインアンテナショップ「はままつ出世マーケット」もチェックしてみてくださいね。

浜名湖の恵みが産んだ
「蟹&すっぽん」を贅沢に!

幻のどうまん蟹を堪能するなら
「浜松料理 娯座楼」へ

浜松に「蟹」のイメージはなかったかもしれませんが、実は絶対に食べておきたい幻の蟹があるんです。

それが、濃厚な味わいがたまらない「どうまん蟹」。日本でも浜名湖や四国の四万十川、沖縄の一部など3ヶ所ほどでしか取れない幻の蟹と言われていて、とても希少なんです。このどうまん蟹の産地は浜名湖が北限になるので、とても身が引き締まっていて、味が濃くなるんだそう。

伺ったのは、「浜松パワーフード」と呼ばれる地元の旬な食材が味わえる「浜松料理 娯座楼」さん。

「どうまん蟹の旬は、夏の終わりから冬の始まりのあたりです。季節のはじめにオスが旬になってきて、あさりも潰してしまうほどの立派な爪があり、身が引き締まっていてとてもおいしいんです。秋から冬にかけてはメスが多くなり、オスに比べると手爪は小さいんですが、身だけでなく内子が濃厚でこれもたまらないですよ

そう教えてくれたのは、娯座楼を運営する株式会社ドルフィンキッズプロダクション JINEN GROUPのマネージメント部部長である本田さん。

そもそも数自体が少なく季節も限られるとあって、幻だと言われる理由にも納得ですね。

「浜名湖は波がなく落ち着いていて、約800種もの生き物が暮らし、ゆりかごとも言われるほど稚魚にとって楽園のような環境です。栄養が豊富で、蟹や海老が育つ環境としても理想的なんです」

そんな環境で育つどうまん蟹の理想的な食べ方は、やはりまるごと蒸す料理法。

「ほぐして食べやすいカタチにするメニューもありますが、やはり一番のおすすめは蒸したものをそのまま召し上がっていただく方法です。どうまん蟹の濃厚な風味や上品な甘味を堪能してみてください」

浜松料理 娯座楼

住所:静岡県浜松市中区肴町317-15
営業時間:18:00〜24:00(L.O. 23:00)
休:日曜日
Tel:053-456-7028

栄養たっぷりのすっぽん鍋が
手軽に楽しめる「富久竹」

みなさんは「すっぽん鍋」を食べたことがありますか? 少し高級なイメージがあり、気軽には食べられないと二の足を踏んでいる人もいるかもしれませんが、元祖すっぽん養殖の街 浜松だからこそ、おいしいすっぽん料理を手軽にいただくことができるんです。

伺ったのは、すっぽん料理専門店の「富久竹」さん。

「浜松には服部中村養鼈場という日本で一番歴史のある養殖場があり、良質で鮮度のいいすっぽん料理を出すことができます。東京や京都ではなく、わざわざ交通費をかけてでも浜松で食べたほうがいい、と足を運んでくれる方も多いですよ」

と、店主の高木さん。

また、栄養豊富なすっぽんは滋養強壮効果があるのはもちろん、コラーゲンたっぷりで美容効果も期待できます。

「胃にやさしいのでお医者さんですっぽんを勧める方もいますし、中国では漢方に使われることもあります。お鍋のようなスープなら、ふんだんにすっぽんの栄養素がいただけるので、ぜひ味わってみてください」

富久竹さんのすっぽん鍋は、1杯で3度おいしいのも特徴的。

「まずはすっぽん本来の澄んだ味わいを感じてもらうために、ほとんど塩だけで味付けたスープを。次に薬味として、しょうが、ねぎ、のりをお好みで。最後にレモンを入れていただくとまた風味が変わりさっぱりした味わいになります。コラーゲンはビタミンCと一緒に摂るといいとも言われますので、ぜひお試しください」

もっとたくさんの人に気軽にすっぽん料理を味わっていただきたいと、ランチタイムには雑炊やうどんのメニューもある富久竹さん。

なんだかすっぽん食べたら元気になってきたー!

富久竹

住所:静岡県浜松市中区田町231-5
営業時間:月~金11:30~13:30、17:00~23:00/土17:00~23:00(L.O. 22:00)
休:日
Tel:053-452-0995

グルメバーガーで浜松の厳選素材を
“マルマル” いただこう!

浜松のパワーが詰まったご当地バーガー
「浜松バーガースタンド〇〇」

蟹、すっぽんと少し贅沢なグルメが続いたので、ここではもっとカジュアルに浜松の食材が味わえるお店をご紹介します。

とはいえ、このハンバーガーも浜松の厳選食材が味わえるご当地グルメになっているんです。

やってきたのは、東名高速道路の浜松西IC入り口近くにある浜松グルメパーク内のショップ「浜松バーガースタンド〇〇(マルマル)」さん。

駐車場も広いので、ドライブで来たらぜひ立ち寄りたいスポットです。

「パテには浜松産の牛肉100%を使用していて、口いっぱいに肉汁が広がります。トマトやレタスも天候などに左右されない限り浜松のものを使っています」

まさに浜松のうまみをマルマルいただけるグルメバーガーなんですね。

浜松バーガースタンド〇〇(マルマル)」さんには、他にも名物の餃子が豪快に挟まった「浜松餃子バーガー」や、浜松産の牛肉を使った「峯野牛ステーキバーガー」など、浜松ならではの魅力が詰まったバーガーがいくつもラインナップ。

隣りには、同じく厳選した浜松の素材を使ったソフトクリーム専門店「浜松ソフトクリームスタンド&(アンド)」もあるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

浜松バーガースタンド〇〇

住所:静岡県浜松市西区湖東町5652-1 浜松グルメパーク内
営業時間:月〜金11:00〜14:00/土・日11:00~16:00
休:不定休
Tel:053-486-2346

地元民から愛される
ローカルフードもチェック!

2種類のたくあんが絶品。
遠州焼きなら「ぬのはし」へ

浜松ならではのB級グルメ「遠州焼き」はご存知ですか? 一見お好み焼きのようですが、具にたくあんが入っているのが特徴。

地元の方たちも足しげく通う人気店「ぬのはし」さんにやってきました。

「昔は駄菓子屋さんの裏とかに鉄板があって、そこでお菓子感覚で薄く焼いてたりもしましたね。今、うちのお店で出しているのは厚みがあるんですけど、できるだけシンプルなカタチで作ってます。昔ながらで卵や生地、ねぎ、紅生姜を入れて、たくあんも入れます

教えてくれたのは、店長の娘さんである山口さん。そう聞いて、やっぱり気になるのがたくあんの存在ですよね。

「浜松出身の人からすると、たくあんを入れるのは普通だったから疑問に思うこともなかったんだけど、やっぱり遠州焼きの特徴みたいですね(笑)。うちは2種類のたくあんを入れていて、大きくて甘めのものと、細かくてしょっぱめのものをバランスよく入れています

「なんとなく聞いた話になっちゃうんだけど(笑)、戦後このあたりは大根の畑が多くて引き売りもされていて、たくあんを漬けている家も多かったみたいですよ。当時は物資も不足してた時代だから、かさましというか味ましのために、身近にあったたくあんを入れ始めたのがきっかけで、それが遠州焼きになったみたいです」

お好み焼きとも少し違う、和風で優しい味わいがクセになります。

遠州の働き手たちの胃袋を支えた浜松ならではのローカルフード、ごちそうさまでした!

ぬのはし

住所:静岡県浜松市中区布橋2-10-3
営業時間:10:30~18:00
休:水
Tel:053-473-1821

オンラインアンテナショップで
「お取り寄せ」も

浜松市公式「はままつ出世マーケット」

直接、浜松に足を運べないという方もご安心を!浜松市公式オンラインアンテナショップ「はままつ出世マーケット」やふるさと納税を活用すれば、全国どこでも浜松グルメを楽しめます。

はままつ出世マーケットでは、うなぎや餃子、みかんなどの「これぞ浜松!」といったグルメはもちろん、お茶やメロン、地元で話題のスイーツまで幅広くラインナップ。うなぎはお馴染みの蒲焼きに加えて、なんと“刺身”も!今回、紹介した「どうまん蟹」も購入可能です。

欲張りさんにおすすめなのが、お得な詰め合わせセット「はまてばこ」。ソーセージ、ハム、生パスタ、練り物、佃煮etc......仕事終わりの晩酌や休日のランチに、あるいは大切な人へのギフトにも。浜松の絶品がひと箱にぎゅっと詰まっていますよ。

この機会に、ぜひご自宅でも気軽に浜松グルメを堪能してみてください。

→さっそくチェック

 

また、浜松のことが気になった方は、こちらのサイトもチェックしてみてくださいね。