お買い物して読書して。鈴木友菜さんの「自分が好きになる」休日の過ごし方

あなたには、「あぁ、いまこの自分、好きだなぁ」と思える瞬間はありますか?

没頭できる趣味を楽しんだり。
外に出てリフレッシュしたり。
クリエイティブに向き合ったり。
落ち着くスポットに足を運んだり。

今回は、さまざまなジャンルで活躍する4名の方たちに「自分が好きになる時間」についてインタビュー。この春、大注目の「スミノフ™️ セルツァー」を飲みながら、ライフスタイルへのこだわりを聞いてきました!

人気ファッション誌の専属モデルやYouTubeなど、幅広く活躍する鈴木友菜さん。休日はお気に入りのカフェで読書をするのが落ち着く時間だそうです。

「趣味のエッセイを読みながらくすっと笑っているときは、あぁ心地いい時間だなぁって感じます。撮影のお仕事でもプライベートでも、できるだけ自然体に、フラットでいることを心がけています」

鈴木友菜

1992年8月11日生まれ。モデル。12歳でスカウトされ、モデルデビュー。16歳で10代女性に人気のファッション誌「Seventeen」の専属モデルとなり、 瞬く間に単独表紙を飾る人気モデルへと成長。22歳からは「non-no」専属モデルとして活躍し、2019年の4月号をもって卒業。現在は「MORE」をはじめ女性誌を中心に活躍するファッションモデル。YouTubeチャンネルを開設している。

ちゃんと “自分のため” に
時間をかける

忙しくても毎日を自然体で過ごすために「人と自分を比べない、周りの目を気にしすぎない」ようにしているという鈴木さん。しっかり自分が心地よく過ごせるリズムがあるって素敵ですよね。

「お休みの日は、朝の早い時間からお散歩して大好きなパンを買いに行ったり、カフェで読書をして過ごします。家に帰る時間も早くて、お酒が好きなので夕方くらいから飲み始めることも多いですよ」

明日も頑張ろうって
思える休日に

「お酒は大好きなのでよく飲みます。私にとっては、そうやってちゃんと自分のために時間を作ることが『また明日も頑張ろう!』って思えるリセットになるので、欠かせない瞬間です。とくにお休みの日は、こだわってオーガニックのごはんをつくったり、お酒のおつまみも自分で仕込みから用意してみたり。丁寧に自分のための時間がつくってあげることが、自分を好きになることにもつながる気がします」

休日は、ちょっと早い時間から
「スミノフ™️ セルツァー」

「もともと甘いお酒はあんまり飲まないので、スミノフ™️ セルツァーのすっきりした味わいがちょうどいいんです。外でカラダを動かしたあとやスカッとしたい休日のリフレッシュにオススメ。アルコール度数も4%と強すぎず弱すぎずなので、次の日も早いけど癒されたいな〜っていう日に飲みたいです(笑)。パッケージデザインがおしゃれなのも嬉しい!」

「スミノフ™️ セルツァー」

クリアな味わいのスミノフ™️ ウオッカと、すっきりしたフルーツの甘さがちょうどいいハードセルツァーは、ヘルシー思考な海外の若い世代を中心に大人気。健康的な食事をした日や、軽い運動をして心と体のバランスを整えた日に選びたい、新しいスタイルのお酒。

ラインナップ:オレンジ&グレープフルーツ / ホワイトピーチ
果汁:1.0%
アルコール分:4%
容量:250ml/スリム缶

鈴木さんにとって「自分のことが好きになる時間」は、読書をしたり、ごはんをつくったり、お酒を飲んだり、ちゃんと“自分のため” につくった時間。

あなたも、スミノフ™️ セルツァーと一緒に「もっと好きな自分」を見つけてみませんか?

→今すぐチェック

\一緒に読みたい記事/