山岸将也さんに聞く。トレーニングと同じくらい大切なリフレッシュタイムって?

あなたには、「あぁ、いまこの自分、好きだなぁ」と思える瞬間はありますか?

没頭できる趣味を楽しんだり。
外に出てリフレッシュしたり。
クリエイティブに向き合ったり。
落ち着くスポットに足を運んだり。

今回は、さまざまなジャンルで活躍する4名の方たちに「自分が好きになる時間」についてインタビュー。この春、大注目の「スミノフ™️ セルツァー」を飲みながら、ライフスタイルへのこだわりを聞いてきました!

ミスター・インターナショナルで日本人初の世界2位になった経験を持つ、山岸将也さん。現在はその健康的なスタイリングを生かしたモデル業や、ジム経営などで忙しく過ごす日々。

「子どもができてからパパ系のお仕事もいただいたり、けっこう忙しい時期もありましたが、今はジムのスタッフが頑張ってくれていて、徐々に自分の自由にできる時間が増えてきました。朝からカラダを動かすと1日通して気持ちがいいし、夕方には地元の海で夕陽を眺めたりする時間が僕のリフレッシュタイムですね」

山岸将也

1992年8月27日生まれ。パーソナルトレーナー・モデル。「2016年ミスター・ジャパン」に選ばれデビュー。「2016ミスター・インターナショナル」で日本人初の世界2位に輝いた。2歳から22歳まで水泳に打ち込み、現在はBOND'S GYM・小顔フェイシャルサロンRêvia*の経営、ジムトレーナーとしても活躍している。

トレーニングとリフレッシュ
どちらも大切な「自分の時間」

トレーニングは「理想のカラダに近づく」という意味で自分と向き合う時間であり、好きな音楽を聴きながら海で夕陽を見る時間も、欠かすことができない時間だという山岸さん。

「トレーニング中は何も考えずに集中しているので、それ自体もリフレッシュになりますし、パンプアップした筋肉や、限界まで頑張れた自分のことはどんどん好きになっていけると思います。でもそれと同じくらいリフレッシュタイムも大切です。僕の場合は、14歳の頃から通っている地元の海で見るサンセットです」

海を眺めながら
自分を振り返る「大切な時間」

「天気がいい日は家族や両親に協力してもらって、30分だけでもひとりで海に行く時間をつくるようにしています。10年以上通ってる場所でゆっくり音楽を聴いたり、写真を撮ったり。そのなにげない時間が自分のモチベーションを整理したり、好きなことに向かってもっと頑張っていこうという気持ちにつながっていると思います」

サウナのあとや、運動した日の午後に
「スミノフ™️ セルツァー」

「海外への憧れがあるので、海に沈む夕陽を眺めながらこういうお酒を飲んでリフレッシュできる時間が大好きです。サウナのあとにひと休みして、リラックスしてるときに飲んだら最高ですよね。意外って言われるんですが、僕はお酒も大好きですし、飲みたいからその分運動もたくさんしています(笑)。トレーニングやサウナで汗をかいて、充実した1日を振り返るときは、スミノフ™️ セルツァーで喉を潤したいですね」

「スミノフ™️ セルツァー」

クリアな味わいのスミノフ™️ ウオッカと、すっきりしたフルーツの甘さがちょうどいいハードセルツァーは、ヘルシー思考な海外の若い世代を中心に大人気。健康的な食事をした日や、軽い運動をして心と体のバランスを整えた日に選びたい、新しいスタイルのお酒。

ラインナップ:オレンジ&グレープフルーツ / ホワイトピーチ

果汁:1.0%

アルコール分:4%

容量:250ml/スリム缶

山岸さんにとって「自分のことが好きになる時間」は、トレーニングもリフレッシュも充実できたとき。

あなたも、スミノフ™️ セルツァーと一緒に「もっと好きな自分」を見つけてみませんか?

→今すぐチェック

\一緒に読みたい記事/