やっぱり「読書」の力は偉大でした

最近は、なんでもパソコンやスマートフォンで調べられるのが当たり前。こうなると、わざわざ読書をする時間は必要ないように感じられます。

でも、そこに待ったをかけるのは「I heart intelligence」のライターStanさん。彼によると、日頃から読書をすると良いことずくめなんだそう。彼が語る毎日読書をするべき14の理由を読むと、今日から本を読もうかなと思わせられてしまいます。

01.
単純に、読書は楽しい

単純に、読書は楽しいものです。世の中には様々なジャンルの本が存在するので、あまり読書好きでない人の興味を引く本だって必ずあります。オンラインでは、基本的に検索したものしか出てきません。図書館や本屋さんに足を運んで、あなたにぴったりの本を見つけましょう!

02.
無料で楽しめる

もちろん本屋さんに行って本を購入することも一つの手ですが、図書館は無料で利用できます。いいですか、「無料」ですよ。それに今はネットのおかげで、本が無料でダウンロードできることもあります。家から出る必要さえないのです。

高級なレストランに行ったり、遊園地に行ったりするのはたくさんお金がかかります。でも読書をすると、いろんな国のことがわかったり、ファンタジーの世界に冒険に行けたりします。しかも無料なんて、こんなエンターテイメントなかなかありませんよ。

03.
認知症の予防にも

身体が運動を必要とするように、脳だって知的な活動が必要なのです。読書をすることによって集中力と知識が得られ、脳が鍛えられます。読書を日課にすると認知症の予防にもなると言われているので、まさに良いことずくめ。

04.
記憶力アップにもなる

読書をすることによってたくさんの知識が得られますよね。その知識を詳細に覚えておこうとすることが、記憶力アップに繋がるのです。さらに、新しい知識をどんどん入れていくと、脳では古いシナプス回路が強化され、新しいシナプス回路が生まれていきます。これによって頭の回転が早くなるのです。

05.
ボキャブラリーの数が増える

読書をすると普段使わない言葉に出会うので、ボキャブラリーの数が増えていきます。そして、その言葉がどんな場面で使えるか、どういう文法を使うべきなのかも自然に頭に入ってきます。

豊富なボキャブラリーを会話の中に織り交ぜていくと、相手に好印象を与えるきっかけになります。ビジネスの場でも信頼を得やすくなるでしょう。また、適切な場面で適切な言葉で自分の考えや意見を言えるようになるので、誤解や喧嘩を避けられます。

06.
共感力が鍛えられる

性格は生まれ持ったもので、変えることはできないと思っていませんか?

カナダのトロント大学の研究では、読書によって共感力が高まり、性格が変わるという結果が出ています。読書は、著者と会話をしているようなもの。その人のことを理解しようとするので、自然と理解力も育まれ共感力が育つのです。

読書を通じて、現実の世界でも人に興味が湧いてくるようになるというわけです。

07.
良い人間関係が築ける

様々な人と出会えるのが読書のいいところ。いろんな人の話を理解している読書好きは、思慮深くなります。彼らは、どんな人にもいろいろな物語があるとわかっているので、周りの人にも寛大になり、良い人間関係を築いています。

もちろん読書という共通の趣味を持っている人同士は仲良くなりやすく、知的な話で盛り上がれることでしょう。

08.
知識が増える

読書イコール何かを学んでいると考えても良いでしょう。メロドラマやSFからだって、新しい知識はたくさん得られます。いつかその知識を使う日がくるでしょう。不思議なもので、こうやって脳を鍛えていると自信を持てるようにもなってきます。

09.
分析力がアップする

本の著者が何を言いたいのかを理解したり、物語の登場人物の行動を分析したりしているうちにだんだんと分析力がついてきます。

10.
集中力がつく

私たちは日常生活の中でマルチタスクをこなしています。例えば、パソコンを見ながら同僚と話をし、携帯のメッセージに反応し、またパソコンの画面にチャットがポップアウトで出てきたり……。そんな状況にずっと晒されていては、集中力はつきません。読書をしているときは本に書いてあることを理解しようと脳が忙しいので、それ以外のことができず、自然と集中力が身につきます。

11.
リフレッシュできる

たくさんの問題を抱えすぎているときって、現実逃避したくなりますよね。そんなときに、わざわざ飛行機のチケットを買って異国の地に行く必要はありません。

例えば、冒険小説を読むのはどうでしょう。現実世界のことを全て忘れて没頭できます。そうやってリフレッシュすると、自然に新しい解決策も思いつくというもの。旅行の代わりに、読書はいかがでしょう?

12.
どこでもできる

そう、読書は場所を選ばないのです。バス、電車、飛行機の中、銀行の待合室。退屈な時間を楽しい時間に変えてくれる最強アイテムです。

13.
インスピレーションを
与えてくれる

どんな物語に出てくる登場人物だって、現実の世界の人を参考に作られ、現実の世界とリンクしているのです。本の世界にどっぷり浸かって、影響を受けるのは良いことです。例えば、今までアメリカに行ったことはないけれど、そこで繰り広げられる物語に感動して、次の日から英語を勉強するなんてのもアリなんです。

14.
読書は世界を救う

これは少し大げさに聞こえますか?でも本当なんです。なぜなら、世界には高い知性とオープンなマインドを持った人たちが必要だからです。読書をすることよって得られた知識とインスピレーションは偏見や先入観をなくし、やがて無駄な争いも減っていくことでしょう。

 

読書ほど楽しくて素晴らしいものはありません。ぜひ、日課にしてみてはいかがでしょうか。

Licensed material used with permission by i heart intelligence
スマホやタブレットが幼児の教育の“妨げ”だとみなされる時代はもう過ぎつつある。けれど、さらに「読書の推進」ができるようになったら?
読書のモチベーションを高める「フレグランス除菌スプレー」が登場。平日にビジネス本などを集中して読むための「WEEKDAY」と、休日に趣味の本や小説などをリ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
25分間がんばったら5分間リラックス。ポモドーロ・テクニックと呼ばれる集中力維持メソッドを応用したスマホアプリ「Octomonk」が、子どもの学習用に使わ...
今までの読解力と文章力の研究では、初等教育に身につけることの重要性が多かったが、成人になっても日々読んでいるコンテンツによって、文章力の差が出るということ...
ほんと、人は見た目によらないし、継続は力なりだし、好きこそ物の上手なれ、です。
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
読書好きな女性ほど、いい彼女になるーー。そう主張するのは、実際に読書好きな彼女を持つという「I Heart Intelligence」のライターStanさ...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
恋人や好きな人と仲良くなるための手段として、デートやプレゼント以外に「The School of Life」が勧めているのがふたりでの読書。お互いへのリス...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
今秋10月8日〜11月7日、「軽井沢星野エリア」で3000㎡の広々とした空間に、本棚とスイーツやドリンクを楽しめる「紅葉図書館」が登場。
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
ハワイ生まれのバランスボード「ブループラネット バランスサーファー」が日本上陸!現在、発売に向けた支援をクラウドファンディングサービス「machi-ya」...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
本の魅力に取り憑かれた、ブックラバーのための一日。
大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
「LEGO」が公開したプレイリスト「LEGO White Noise」には、さまざまなレゴブロックの環境音で構成された約30分の心地いいノイズ音が7種類用...
「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という...
ボルトカッターで切ろうとしても15トンの圧力が必要で、接合部は航空宇宙産業で使用される硬化鋼を採用しており耐候性があって錆びにくいほか、ピッキングやドリル...
「自宅には誘惑が多すぎる…」「家族がいて一人になれない」など在宅勤務の悩みを解決できる革命的なテントが登場!
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
キラキラしているあの人と私は何が違うんだろう。女子力アップといっても見た目だけじゃ意味がない!男性ウケも女性ウケも良くなる女子力の上げ方をまとめました。モ...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
週の後半。集中力、切れちゃいますよね。
「包容力がある男性が好き」という女性は多いもの。包容力のある男性は、何も話さなくても、身体全体から醸し出される雰囲気により、とても安心した気持ちになれるも...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
会議中や授業中にストレスを感じたり、ちょっと退屈していたり。そんなときにこのペンを使うと、集中して作業を続けることができると開発者はいう。ところが、正直言...
にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から人間関係にまつわる心理テストを3つ厳選してご紹介します。人間関係に悩むあなたの深層心理...
「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そ...
何か突発的なことが起きた時の対処だけではなく、私達の日常生活は瞬間的にAをとるかBをとるかという選択の連続です。同じ努力をしていても、成功する人とうまくい...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
「人間は考える葦である」と書いたのは、17世紀のフランスの思想家パスカルだった。要するに、人間は葦のようにか弱いが、思考する能力をもつ偉大な存在だというこ...
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
頑張っている人が近くにいると、不思議と自分も頑張れるもの。でも、一体なんででしょうか?そんな疑問を基に実際に調査をしたのは、ブリュッセル自由大学のKobe...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
これさえあれば夏の引きこもり生活が捗ること間違いなし!寝っ転がった状態でも、両手を離した状態でも本が読めるアームスタンドをご紹介。アームは360度動き、ス...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
ヨガをやることは、私たちが一般的に知っている以上の効果があったのだと実感させてくれる「Elite Daily」の記事を紹介します。記憶力の向上や自尊心を高...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
LINEで身体の悩みを薬剤師に相談し、自分にあった漢方薬を自宅に配送してもらうオンライン漢方相談サービス「わたし漢方」。ダイエット、肌トラブル、不眠、月経...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
誰でも、頭に知識を詰め込む作業はしなければいけません。「AsapSCIENCE」で紹介している、記憶力を伸ばす方法を試してみるのはいかが?例えば、水を飲む...
集中力の妨げになるものを完全シャットアウトできるダンボールの「セルフブース」が登場。圧迫感の少ないサイズ感とデザインなのでリビンクにも置けそう!
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
仕事でもプライベートでも、あらゆる場面で魅力的な人になるために。
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
TABI LABO編集部スタッフが選んだとっておきの一冊、読んでもらいたい一冊を集めました。
Sara Shakeelさんは、ありとあらゆるモノをグリッターとフュージョンさせて独特の世界を創りあげています。彼女のInstagramには、想像力が高ま...
「本を読みなさい」なんていう言葉は漠然としていますし、聞き飽きているかもしれません。しかし、ちょっと違った目線からビジネスパーソン、とくにリーダーに役立つ...
自分が言っていることは間違っていないはずなのに、なぜかスムーズに物事が運ばない...。そんな悩みを抱えている人は、ひょっとすると「共感力」が足りないのかも...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...
ファーストクラスでお目にかかった方々が皆さん一流だったかというと、残念ながらそうとは言えません。その違いはなにか?拙著『一流になれる人、なれない人の見分け...
あなたは、部下とうまくコミュニケーションできている自信がありますか?知らぬ間に相手を怒らせたり、イヤな気持ちにさせていませんか?会話の専門家である櫻井弘さ...