FCF

FCF

食のクリエイティブ制作会社

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
ここで取り上げるのは計量スプーンの選びかた。安けりゃいい、と適当なものを買ってしまうと、調理の際に逆に手がかかってしまうんです。
一口に“塩”といっても、作り方も製法もさまざま。ここでは「岩塩」の魅力について少々。
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
糖質制限中だからって、大好きなパンを我慢する必要はありません。この「クラウドブレッド」さえ覚えてしまえばね。
あれば何かと重宝するこのタレですが、1回のバーベキューでは使い切れず、持ち帰って冷蔵庫で眠らせたまま。心当たりある人は読んでみて。
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
そうめんにざるそばに、何かと夏場に活躍するのが「めんつゆ」。じつはこの万能つゆ、ちょっとしたおつまみを作る際にも重宝するんですよね。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
家庭でもアウトドアシーンでも、手間も時間もかけずにサッとつくれておいしい海苔の活用法をご紹介。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
具材のうま味がたっぷり滲み出たあのオイル、バゲットにつける他にも楽しみがあります。
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
BBQシーンで食す焼きそば。美味しくつくるため押さえておきたいポイントがありました。
醤油・こんぶ茶・黒ゴマ、これらみんなナッツフレーバー。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
材料を抑えるヒミツはポン酢を使うこと。