空手道

大人気の〈山と道〉のサコッシュ。アウトドア、タウンユース、さらには仕事の打ち合わせまでをカバー。調節簡単なストラップとしっかりマチのあるデザインが強みです。
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
「誰に、何と言われようと自分の信じた道を行けゃいいんだよ!」耳を澄ますとそんなエールが聞こえないだろうか?
安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。そ...
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
必ずしも「仕事ができる人=早く出世できる人」とは限りません。出世には仕事のパフォーマンスだけでなく、様々な要因があると言われています。とくに心理学的な研究...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
作家のJustin Gammill氏は、日本人にも馴染みが薄い、ある江戸時代の武士の名前を挙げ、「時代を超越した概念と精神性が武士道にはある」と主張してい...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
朝夕必ず目にする、すっかり見慣れたカラフルさ。でもこれは、地下鉄の路線図ではなく、ローマ帝国の最大領域を表した地図なのです。血管のようにくまなく張り巡らさ...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
夢の中に雪が出てきたことはないでしょうか。雪は自分の感情や情緒を示すといわれていますが、一概に雪といっても、様々なシチュエーションがありますよね。雪の夢に...
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
映画『アフロ田中』で監督デビューしたのち、Vineで注目された現役女子高生などを起用した映画『私たちのハァハァ』や、6人の名脇役が本人役を演じて話題になっ...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...