Fc1f logo rgb 03

FCF

食のクリエイティブ制作会社

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
スケート大国オランダでは、冬のあいだ凍りつく川や湖を天然のスケートリンクとして楽しんでいるそうです。周囲には、日本でいうところの“海の家”感覚の小さな小屋...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介し...
なつかしの給食メニュー「揚げパン」は、不動の一番人気。ドーナツとも違う、独特の香ばしさと、全身にまとった砂糖の甘さが魅力。あの味が忘れられない、って人も多...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
アイルランドで最大規模のお祭り「セント・パトリックス・デー(St Patrick's Day)」。この日の主役セント・パトリックとは、不況のためにアイルラ...
牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉…お肉料理は数あれど、複数のお肉を使ったメニューは、意外と少ないものです。まあ合挽き肉でつくるものは別として。でも、このシチューは牛...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
朝、トーストしたパンにバターを塗ったら、その上に細かいチョコレートをたっぷり振りかけて。これ、オランダ人からすれば常識。チョコレートスプレーのようなカタチ...
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...
まだまだ寒い日が続きます。が、寒くなくたって「おしるこ」は、ほっこり気分にさせてくれる和スイーツ。あんことお餅の絶妙コンビにちょっとしたアレンジを加えるだ...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
「ノアの方舟」といえば、旧約聖書に登場する伝説の舟。大洪水を逃れるために造られた、というアレです。このものがたりの時代から食されてきたという、こちらも伝説...
鬼の金棒のようにゴツゴツとしたその見た目。東海地方出身の人には定番中の定番のこのお菓子。ゴロッとダイス状にカットしたさつまいもと、ふかふかの生地がおいしい...
台湾の牛肉麺を知っている人でも、「番茄」入りはあまり目にしたことがないかもしれません。番茄とは、トマトのこと。「なーんだ、それなら」という人も、実際に現地...
ふかしたじゃがいもに乗せるものといえば…。テックスメックスならばチリビーンズにチーズ、イギリスならばハムやベーコンの細切りと、さまざまな料理スタイルが世界...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
インドを旅していると、道端の屋台にはじつにたくさんの“地元めし”があることに気づきます。ここで紹介するホットスナック「アルー・ティッキ」もそのひとつ。1個...
セレクトショップや食品雑貨店でも見かける「コーディアル」は、ハーブや果汁を濃縮させた飲みもの。イギリスでは特に親しまれていて、家庭でつくる人たちもたくさん...