CULTURE

世界には、さまざまなアーティストがいます。彼らの写真や音楽、映像作品などに触れることは、あなたに気づきを与えてくれるかも。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しまし...
毎日、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って会社に向かい、到着したら一日中PCとにらめっこ。カチコチに凝り固まったカラダは鈍い痛みがあって、目も乾燥しちゃって...
10代真っ只中に、『ライ麦畑でつかまえて』を読んだ。その時は、なぜこの作品が名作と呼ばれるのかがわからなかった。でも大人になってもう一度ページをめくってみ...
タイのバンコクといえば、ブラジルのサンパウロ、ケニアのナイロビと並んで“世界三大性地”とされる。ゴーゴーバーなど独自の性産業を発達させ、性風俗に関してはと...
どうして、男性が楽しめる「エロ」のほうが、女性のものよりも多いのでしょうか?これは、今に始まったことではありませんし、表現する自由があるはずの美術史におい...
カナダは愛国心が強い国というのは、世界的に知られていること。自国愛の世界ランキングでも、いつも上位に選ばれている。それはわかっていたけれど、実際に足を踏み...
華の都なんて呼ばれるように、キラキラしている面もたくさんあります。でも、それは外側から見る一面にすぎないんじゃないでしょうか。パリに住んでいる人たちの日常...
はっきり言うと、この本がそんなに面白いのか、すぐに確信を持てない人のほうが多いと思う。普段から子どもと接していたり、子どもの発達や感情の変化について詳しい...
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...
水槽の中で、自然の生態系を再現するネイチャーアクアリウム。水草、魚、流木、石などをレイアウトしたビジュアルは、想像を遥かに超える。独特な世界は、美しいだけ...
フォトグラファーIan Howorthの撮る写真をながめていたら、キューバを思い出した。場所としてではなくて、数十年前のような風景を見れるという意味で。彼...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別されているのも確かなこと。多様性...
写真が、大好き。何気ない1枚でも、特別な1枚でも、誰かに「いいね」と言ってもらえる瞬間が大好き。カメラ片手に街を歩けば、今日はなにを撮ろうかとキョロキョロ...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
まず、画面を拡大して絵を隅々まで見て欲しい。
まさに自然の化身のような作品。最初に目にしたときは、地球温暖化に対して、注意を向けさせるメッセージがあると思った。名前は「Golemecha」。これには、...
世の中には、様々なクリエイターがいる。その中には、水景クリエイターという珍しい人たちが存在するのだ。彼らは、水槽の中で、自然の生態系を再現する職人たちだ。...
私たちがいつも目にしていて、もっとも馴染みのある携行食である「おにぎり」。好きな具を入れた塩気のある白米を、海苔で包んだあのフォルム。売っている場所と言わ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...