6bb4d56ac71f3685a26011a693c7cbd50a39ffa0

貴瀬 灯

TABI LABO ライター

幼少期を東南アジアで過ごし、社会のマジョリティ・マイノリティ構造に興味を持つ。タビラボにジョインしつつ多様性のある社会の作り方を調べている。ひと昔前のものが好き。モットーは普通でいるより自由でいること。
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
「彼は生まれながらのリーダーだ」なんて表現がある。もちろん、生まれ持った性格や気質が、チームをまとめることに適しているケースは十分にある。でも、天賦の才だ...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
初めて見たときの感想は、生き生きしていて「あぁ綺麗だなぁ」。でも、そんな単純なものじゃなかった。よく見るとどの絵にも、端のかすれたところに見慣れたカタチの...
付き合ったばかりの時は、どんなにダメなところがあっても「可愛いなぁ」なんて許せてしまうもの。だけど、そのうち「このひと、真のダメ人間なんじゃ?」なんてハラ...
都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同...
かつてイエスは、4人の漁師を弟子にする時に言いました。「今から後、あなたは人間を獲る漁師になる」と。そのうちのひとりは、のちの初代ローマ教皇。イエスの死後...
「あんなに仲良しだったのに、どうして別れちゃったの?」と言いたくなるカップル、いますよね。呆れるほどふたりのセルフィーだらけのアカウントが、ある日トツゼン...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DV...
私はかなり空想しがちなほう。人と話していようが夜道を歩いていようが、所構わずどうでも良いことを思い浮かべてしまっています。しっかりしている人から見れば「ね...
仕事がつまらない。そう感じたことのない人がいたら、きっとものすごく幸運。人間、どんなに好きな仕事でも時には思うことがあるものです。「飽きたかも」と。しかし...
カップルに別れはつきもの。しかし、別れたからといってすぐに赤の他人に戻るのは…そんな発想から、「友達に戻る」という選択をしたことのある人も多いかと思います...
毎日が味気ない。ここから抜け出したい。変わりたい。そう頭では思っていても、なかなか行動に移せない人も多い。時間がない、きっかけがない、昔のことが気になるな...
ビールのCMというと、芸能人がグビッと飲んで「うまい!」といったイメージがある。でも、オランダのビールメーカー「Heineken(ハイネケン)」の映像には...
ニキビ占いやホクロ占いがあるなら、哺乳類ほぼみんなが持ってる「おへそ」の占いもできるはず。ということで、Rebecca Endicottさんによる「lit...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。インドのムンバイを拠点にプロダク...
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...