Seika Takeshima

Seika Takeshima

TABI LABO ライター

オーストラリアの大学を卒業後、半年間アジア・欧州を中心に旅へ。テレビ局で報道関係の仕事に数年携わった後、TABI LABOライターに。海外と日本を繋ぐような記事を書いていきたい。無人島に持っていくなら、本・音楽・コーヒー。
同じ大学へ行き、同じ時期に妊娠をして、お出かけをしてと、親友同士だった2人。その後、お互いの引っ越しで離れ離れになっていた。が、知らない間に娘同士が親しく...
壁もなくて前後左右を見渡せるオフィスで仕事をしていますか?開放感があって良いかもしれないけれど、どうしても気が散ってしまうことがあるはずです。防音もできる...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
セレーナ・ゴメスは自身のInstagramで、今夏に腎臓移植を受けていたことを発表した。以前より患っていた病気、全身性エリテマトーデスを治療するためだった...
多忙を極め、タスクに集中することや外部の人との付き合いが多いと、部下との関係構築はなかなか難しいかもしれない。そこで、マネージメント経験があるPeter ...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
人が集まるフェス。体が触れ合うほど密集しているからこそ、女性の身体を触るというような痴漢行為をする人も。パフォーマンス中に現場を目撃してしまったボーカルは...
精神的なことは、目に見えないからこそ周囲に伝わりにくい面がある。が、周りが思う以上に、症状が悪化していることも。不安に襲われパニック発作を起こしたことがあ...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...
コミュニケーションでは、目に見てわかる感情と本人が実際に感じている感情が違う時、相手に思いを伝えられずに話がこじれたりすることがある。そんな時、エモーショ...
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...