ENTERTAINMENT

くすっと笑えたり、元気が出たり、勇気がもらえたり。日常を楽しくしてくれるようなコンテンツを集めました。
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
つぶらな瞳で尻尾をフリフリしながらの感情表現が豊かな犬も可愛いし、ちょっとツンデレなところもあるけれど、プニプニとした口とクリクリの瞳がキュンとくる猫。「...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!下取りに出した...
『スター・ウォーズ』に登場するクローンの大軍隊。もしも、映画のように彼らがこの世界にゾロゾロと現れたらどうなるんだろう?こんな、ちょっとおバカなことを思っ...
『ゼルダの伝説』と聞いて、「懐かしい〜!」としみじみ感じてしまう私。未だに新しいソフトはリリースされているものの、やはり自分が子どもの頃にプレーしていた『...
世界一大きな「蝶の標本」——これらの作品が『COLOSSAL』で紹介されるや否や、反響の大きさはクリエイターのMantraさん本人が驚くほど。Facebo...
一番の友達が、結婚した時に何を思うのか?まるで、自分のことのように喜び涙する人、焦りを感じる人。思うことは人それぞれだけど、もしかしたら、「嫉妬」してしま...
先の9月23日、ニューヨークのカーネギーホールで開催された「国際アカペラコンテスト ACA OPEN」で優勝したのは、Women of the World...
休憩するのも忘れるくらい仕事に追われてしまう時がある。それが一日だったらまだいいんだけど、何日も続くと気がついたらヘトヘトなんてことも。弁護士というハード...
「新しいニーズには、新しい技法が必要だ」「One: Number 31」で有名なジャクソン・ポロックの有名な一言。芸術の知識があまりない僕でさえ、彼の言葉...
美術館って、うとうとしてしまう。座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。そして「仰せの通りに……」と、溶けるように落ちてゆく“う...
求めたのは、堅牢。こだわったのは、質感。出来たのは、ナンセンス。あなたのiPhoneの洗練されたスタイルを台無しにする、堅牢無比の充電専用ケーブル!
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本で制作されたミュージックビデオみたいですが、その実、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー...
チーズを使って彫刻を楽しんだり、ミニチュアのチーズを作る職人はいる。けれど、自身の作品は「チーズの肖像画」だと言い切り、2011年からひたすらにチーズの絵...
学生の時も社会人になってからも、今日を“繰り返す”ように生きる私。適度に遊んでいるし、今の生活に不満があるワケでもない。でも時々、「刺激がほしいー!」と叫...
娼婦ばかりを惨殺し、19世紀の英国を震え上がらせた連続殺人鬼Jack the Ripper。日本では切り裂きジャックと呼ばれ、その名を聞いたことがある人は...
ぎゅうっとハグをした時、たくましい筋肉質の体もいいけれど、プニプニで柔らかい肌触りも捨てがたい。セクシーさとプリティーさを全面に出した、お互いの“勝負写真...
今夜はコスプレイヤーで街がごった返す日。コスプレはしなくとも、このイベントにあやかってはっちゃけたい!けれど……本当に残念ながら今日は火曜日。「たんなる平...
リアルすぎる…。実際に使われていた刑務所から脱獄するゲーム「Prison Escape」に参加した、僕が抱いた正直な感想です。10年ほど前アメリカで大流行...
かつて、こんなにも「パンプキン」をいやらしく使うモデルがいただろうか。男はこのエロティック・ハロウィン写真を、妻に捧げるために撮影をした。理由?そんなの深...