FOODFOOD
欧米では、手ごろなサイズで栄養補給源としても人気の高い「エナジーバー」。すでに日本にも数多く輸入されていますが、お菓子かと思うくらい甘かったり、カロリーが...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
はち切れんばかりに具材を詰めた、パンパンのサンドイッチがSNSで話題となったのも今は昔。あの断面ショーも、すっかり定着した感があります。が、食べものの断面...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼうです。日本には馴染みの深い食材も、どうやら食用は日本だけ、なんて説も。どおりで洋風...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
1920年代のサンフランシスコ、パレスホテルのシェフがあるドレッシングを考案しました。当時ミュージカルの主役を演じたGeorge Arlissを称え、演目...
ヨーグルトによく似た乳製品ケフィアから発表されたのが、簡単にフレッシュチーズを作ることができるチーズメーカー「KEFIRKO CHEESE MAKER」。...
これは「ザバイオーネ」という、ピエモンテ州発祥のドルチェ。材料はたった3つ、卵黄、砂糖、マルサラ酒。こう聞いてピンときた人もいるはず。そう、これティラミス...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
すべては、ビアードからはじまったの──。これは、アメリカで最も有名な女性料理家と称されたジュリア・チャイルド(2004年没)が生前遺した言葉。アメリカ料理...
世界各国、食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛み...
暑くなってくると、冷蔵庫に常備しておきたい野菜があります。お刺身に添えたり、刻んで薬味にしたり、独特の清涼感が味を引きしめ、アクセントになる大葉です。その...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
アボカド好きならば、あの変色を防ぐ対応策を知ってて当然。たとえば切り口にレモン汁をたらしたり、10〜20秒程度レンチンしたり。とにかく酸化を防ぐことが大前...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
写真は、先日TABI LABOメンバー全員参加の合宿(と称したキャンプ)でつくったピザ。見たまんまの真っ黒を生み出しているのはイカスミです。ドラム缶でつく...
友だちとまったり家飲み。なんてときに、ちょっとだけ工夫して本格的なカクテルをつくれたら楽しいはず!そこで、バーテンダーの世界大会で優勝した経験のある金子道...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
この真っ赤な色は、唐辛子か?それともトマト?そのどちらでもないんです。これは赤いパプリカを塩漬けした「マッサ」。ポルトガルではポピュラーな調味料で、味噌や...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...