コンテンツ形式

あまりに退屈な内容すぎて、思わず睡魔が襲ってくる。テレビでも、映画でも、投稿動画でも一度はこんな経験があるはず。「こんなの誰が観るの」と言いたくなるような...
雑誌の編集者を経て、ブランドプロデューサーとして活躍中の渡辺佳恵さん。6年来アドバイザーを務める雑誌『美的』 (小学館)は、雑誌が売れない時代のなか、7年...