超小型「電動自転車」が登場。折りたたんで、持ち運びもOK!

もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたったの10秒。

その方法も驚くほど簡単です。

A-Bike Electric

A-Bike Electric」はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で注目を集めている折りたたみ式電動自転車。その便利な特徴をざっくりまとめるとこんな感じ。

01.デスクの下にも置いておける。02.バスや電車でも持ち運べる。03.雨の時はタクシーにも積める。04.カフェやレストラン、バーにも持っていける。05.家でもかさばらない。06.10秒で組み立てられる。07.バッテリーなしでも走れる。08.充電にかかる時間は2時間半。09.時速20kmは出せる。

このサイズ感って、ほとんどスケボーに近いですよね。通勤の際も、駅まで自転車で行って電車に乗り、到着した駅からまた自転車に乗れちゃいます。もちろん、車両の混み具合によっては配慮が必要ですが、それにしても小さいですよね。

A-Bike Electric

携帯性はもちろんのこと、電池がなくても走れるところも便利。必要ないときはボタンでバッテリーのON/OFFを操作することもできるため、使い方を考えればより長く使用出来そうです。

85singo_70095b6a4e8182e129378e6b0bf2f8db_original

ちなみに、製品の価格は送料込みで654ポンド(およそ12万6千円)から。その人気からか、すでに安価な早割は売りきれになっています。ちょっと値段は高めですが、折りたためる電動自転車と考えると、従来の電動自転車の相場と比べてもそんなに大差はないのかも。

現在は予約販売をしている段階で、製品の発送は2015年の10月から開始予定。気になった人は予約ページをチェックしてみては?

A-Bike Electric

Reference:Kickstarter
Licensed material used with permission by A-Bike Electric

いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...