そこにある、それがいい。

住んでるからって言うわけじゃないですが、「日本」って本当に不思議な国です。伝統かと思ったら最新。マジメかと思ったらちょっとヘン。食文化も宗教も、都会も田舎も、絶妙にブレンドされていて、なんとも味わい深い。それはきっと、世界でも愛されるもの。「そこにある、それがいい」。そんなテーマで、日本中にある「LOCAL」を巡ってみたいと思います。

発酵カルチャーに、スーパーフード寒天。ディープすぎる長野の「高原都市」へ

八ヶ岳が、人を呼び寄せている。標高2000mを超える神々しい山々に恵まれ、冬はウィンタースポーツ、夏は避暑地と、移住やインバウンドの話は枚挙にいとまが無い...

家にあるだけでちょっと嬉しい。晴れの国・岡山の「陽気なピクルス」

日本一晴れの日が多いと言われている岡山県の小田郡にある、矢掛町みかわ地区。みかわてらすの「陽気なピクルス」は、あたたかい陽をよく浴びた野菜で作られています。

東京の天然温泉#5 住宅街でぽかぽかになれる「世田谷区」の銭湯、スパ3選

「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...

札幌・北18条のモーニングは「お粥とコーヒー」。え…どゆこと?

北海道・札幌の北18条駅付近で朝ごはんを済ませようとカフェ「CITY OASIS」に入ったら、コーヒーとお粥のセットが目に入った。いまや和食にコーヒーを合...

横浜中華街へは “泊りで” 遊びに行く。新しい宿「HARE-TABI」

多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...

ビフカツとお母さんに惚れこんだ、神戸の老舗洋食店「もん」

久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...

神戸で4万本売れる! 100年近く愛されてきた極上の「シトーレン」

クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...

日本のかわいいおみやげ#12 香川・高松の「プシプシーナ珈琲」

香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...

どこにあっても心の故郷。浅草の民謡酒場『追分』が61年の歴史に幕

多くの若手三味線奏者や民謡歌手の登竜門だった、浅草の民謡酒場「追分」が、浅草での61年の営業に幕を下ろします。移転し再スタートするものの、皆に愛された浅草...

ステキな本屋は、時に攻撃的。札幌・北18条の古本屋「BOOK LAB.」にハマる

街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...

札幌の旅はここから。北18条のコミュニティハブ「アンタップトホステル」へ

ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...

冒険野郎たちが憧れるホステル。北海道・札幌の「サッポロッジ」で一杯やるべし

ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...

長野県・渋温泉のずっと山奥。地獄谷野猿公苑という名のサル天国へ

東京下町の銭湯で見られるような光景が、長野県の渋温泉近く、地獄谷野猿公苑のサルたちの間でも見られるというから驚きです。温泉に入るサルたちは「スノーモンキー...

長野・渋温泉で、温泉ざんまいにスイーツざんまい

長野県・渋温泉にある9つの外湯を巡って、専用の手ぬぐいにスタンプを押して回るという遊びがあります。それぞれ源泉も効能も違う9つの温泉を楽しみながら、のぼせ...

足ツボ、卓球、瓶ビールでととのった! 長野・渋温泉で、昼そぞろ

長野県・渋温泉の温泉街を、昼の時間にお散歩する「昼そぞろ」のおすすめコースをご提案。外湯めぐりや足湯をしたり、昼から一杯飲んで街の歴史に触れたり、卓球でス...

夜の散歩で街と人の深みにはまる。長野・渋温泉で、夜そぞろ

長野県・渋温泉の温泉街を、夜の時間にお散歩する「夜そぞろ」のおすすめコースをご提案。渋温泉は、外湯もお土産屋や射的屋も遅くまで営業していて、夜そぞろには持...

レトロな温泉街はテーマパークだった。長野・渋温泉に若者を集める仕掛け人たちの想い

温泉街でアートイベントや音楽フェス、草DJに遊びとお悩み相談付きのインターンシップ…。長野県・渋温泉の「歴史の宿・金具屋」の九代目・西山和樹さんと、廃業し...

自分勝手なお土産を、長野・渋温泉の「いとをかし箱」に詰め込んで

旅のお土産選びは、自分勝手でいいと思うんです。世の中、「みんなと一緒」ほどつまらないものはありませんから。ということで、新しいお土産の選び方をご提案。長野...

コーヒーの「廃棄豆」を無駄にしたくない。静岡のロースターの願いを叶えたプロダクト

静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...

日本のかわいいおみやげ#11 熊本・阿蘇の「とぶ牛クッキー」

熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...