瞑想

海外、とくにアメリカでは生活の中に自然に取り入れる人が増えている「瞑想」。すごく簡単に言えば「思考を空にする」ということ。ここでは、その方法や効果、最新のトレンドなどをまとめてみました。
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
スマホ全盛の現代。今まで人や世界と「繋がる」ためにあった公衆電話は街から消えた。じゃあ、代わりに必要になったのは?「BuddhaBooth」はあらゆる喧騒...
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
「はあ。疲れたなあ。」毎日、何気なく、こんな言葉をつぶやいていませんか?以前と比べると、仕事環境、たとえば、パソコンのスペックや、インターネットの速度が上...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
瞑想は人によって目的が違う。ストレスフリーになるため、健康を取り戻すため、自分を見つめるため・・・。イチローや、ジョブズ、ビルゲイツなど、世界中の著名人も...
 みなさん、ちょっと日常的に忙しすぎやしませんか?いつでもどこでも通知に追われて、スマホから目が離せない毎日…。デジタルデトックスが必要なのはわかっている...
タマゴ型の「瞑想スペース」。目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。
人生はやり直しはききません。50歳になって後悔しないために、ここでは「Collective Evolution」のライターJoe Martino氏が書いた...
正しい「あぐら」をかくって、結構難しいかも。
忙しいと、自分の良いとろこより自分の失敗の方が目についてしまいます。そしてそれを目の当たりにすれば、自分に自信がなくなっていきます。でも、毎日小さな習慣で...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
1日の流れ、すべてを決めると言っても過言ではない「朝の過ごし方」。せめて効率的に動けるように、コツを掴んでおきたいところですよね。1日を有効活用するために...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
アメリカの複合施設『Mountain Horse Farm』では、ストレス解消を目的とした新たなアクティビティを提供しています。
「最近、つまらないことばかり」なんて、ため息をついているような人に、是非読んでもらいたい内容です。「Power of Positivity」より、前向きに...