CULTURE

世界には、さまざまなアーティストがいます。彼らの写真や音楽、映像作品などに触れることは、あなたに気づきを与えてくれるかも。
近年、「マインドフルネス」に続く存在として注目を浴びている「クリスタルボウル」について、奏者・Magali氏にインタビュー。高いリラックス効果をもたらすと...
情報格差をなくすように活動しているスタートアップ「OneWeb」が人工衛星を打ち上げました。世界中の子どもたちがお互いにコミュニケーションを取れる日がくる...
コワーキングスペースのイメージが強いWeWork。2018年秋、ニューヨークシティのチェルシー地区に「WeGrow」という小学校を設立しました。
東京オリンピック2020の正式種目になったBMXへの注目度は、ここ数年で飛躍的に伸びている。プロBMXライダーとして、湘南の鵠沼海浜公園スケートパークを拠...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
ポルトガル・イダーニャノヴァで開催されている「Boom Festival」は、何にも縛られない独立性を確立した野外フェスです。だから、スポンサーに頼りません。
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
TABI LABO読者の皆さん、こんにちは。変わった話が好きな方はご注目、今回はすごく奇妙な話をご紹介します。
ジャンルや世代を超えるセレクションを意識しているということで、ヘッドライナーの発表時から出演者の発表が注目されていました。強烈なアーティストがラインナップ!
フレッドペリーというブランドについて、多くの人が思い浮かべるのは、イギリスとテニスでしょう。その通りです。
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...