「どうしてエグゼクティブが瞑想にハマるのか?」

近年、世界でも日本でも、ビジネスパーソンの間で瞑想(メディテーション)がもてはやされていますね。

瞑想を日課として行い、その効果を実感している人のなかには、エグゼクティブと呼ばれる人たちがたくさんいます。

今回は「どうしてエグゼクティブが瞑想にハマるのか?」について書きましょう。

日常生活で不安や恐れ、心配といったネガティブなことばかりを練習していませんか?

前回、誰でも赤ちゃんの時は瞑想をしている、ということを書きました。人間が産まれてきた時。その時はまだ五感も発達してないから、外の世界のことがわかりません。とてもナチュラルな状態なんですね。

そこから私たちは、五感を使って外にひらいていきます。五感は決して内にむかってはいきません。だから、私たちは成長していくなかで、外にばかり向いていくんです。産まれた時のナチュラルな状態から考えると、アンナチュラル(不自然)な状態になっていくんですね。

産まれた時にはやっていたこと。自分の内側にある意識やマインドに目を向けることなく、日常生活のなかで不安とか恐れとか心配とかを毎日毎日練習するんです。「あの仕事はどうなるかな」とか、「時間がないけどどうしよう」とか。そういうことを考えたり、対応する練習ばかりしています。

そういう練習ばかりしているとどうなるか?

上手になります。“不自然な状態”にいることに上手になるんです。仕事が忙しいことに上手になったり、時間がないことに上手になったり、不安とか恐れに上手になるんです。

そして、“不自然な状態”がとくに上手な方っていうのは、エグゼクティブの方に多いように思います。きっとプレッシャーやストレスが他の人より多いのでしょう。だから、彼らが瞑想をやりたい。外だけでなく、自分の内に向いていきたいと考えるのかもしれません。

実際に私の生徒さんたちにこの話をすると、みんな「耳が痛い」と言います(笑)。「先生、私は上手になってると思います」と言うんですね。

ニーマル・ラージ・ギャワリ
母国ネパールにて、祖父が創立したアローギャ・アシュラムで9歳よりハタヨガの研鑽を積む。
15歳より王族やエスタブリッシュ階級の人々へヨガの指導を開始。
ハタヨガメディテーション及びアーユルヴェーダを学び、22歳で博士号を取得。
20ケ国でヨガメディテーションを教え、2003年来日。
全米ヨガアライアンス400認定講師として本質的なヨガメディテーションティーチャーを100名以上も輩出している。
2019年よりメディテーションテックベンチャーのスワル株式会社を設立。ビジネスパーソン向けの瞑想講座が早くも人気を博している。
ニーマル先生のメディテーション講座(まとめ)
ここ10年でヨガは一般的になりましたが、最近は瞑想が注目されていますね。欧米でも、日本でも、多くの方々が瞑想を生活に取り入れていることはみなさんご存知だと...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
タマゴ型の「瞑想スペース」。目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。
パンテーンが手がけるキャンペーン「#この髪どうしてダメですか」。個性をつぶしてしまう可能性のある髪型についての日本の校則。一人ひとりが本音を打ち明けながら...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
瞑想は人によって目的が違う。ストレスフリーになるため、健康を取り戻すため、自分を見つめるため・・・。イチローや、ジョブズ、ビルゲイツなど、世界中の著名人も...
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
スマホ全盛の現代。今まで人や世界と「繋がる」ためにあった公衆電話は街から消えた。じゃあ、代わりに必要になったのは?「BuddhaBooth」はあらゆる喧騒...
一般のクライマーは、どんなところに魅力を感じているんだろう?ボルダリングジム『ROCKY』の品川店に足を運び、声をかけてみました。
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
2017年の出来事を、パッといくつ思い出せますか?
「コンシャスネス・ハッキング」とは、意識の活用術に興味がある人たちが集まり、全員で瞑想をしたり、共通のテーマについて考える自由なコミュニティムーブメント。...
人生には、良いときもあれば悪いときもあります。そんなことはわかっていても、悩んでいるのは、悪い状況から抜け出す方法がわからないから。そんなときに大切なのは...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
エグゼクティブ・コーチ(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)として活躍中の和気香子さんの著書『人間関係の整理術』(クロスメディアパ...