どうして「LUNGE」のスニーカーは、3万円もするんですか?

最近、街でちょくちょく見かける「LUNGE(ルンゲ)」。“ネクスト New Balance”とも評されるミニマルなデザインと抜群の履き心地で、高感度なスニーカーフリークを魅了しているドイツのシューズブランドです。

でも、カッコいいのは認めるけれど、もう少し手を出しやすいプライスだとありがたいのに……。LUNGEを日本に輸入している「バーリオ」の担当者に、こんな質問をしてみました。

「どうしてLUNGEのスニーカーは、3万円もするんですか?」

©株式会社バーリオ

「唐突ですね(笑)。まずはその歴史から説明したほうがいいかもしれません。

LUNGEはドイツ人兄弟Lars LungeとUlf Lungeがスタートさせたブランドです。二人ともトレーニングを積んでいるシリアスランナー。日本でいえば、宗茂さんと宗猛さんの宗兄弟のようなイメージでしょうか。

もともと『Lunge』というランニング専門のプロショップを国内で運営するかたわら、自身も市民ランナーとして各国の大会に出場していたことから、各メーカーのアドバイザーのような仕事もするようになりました。シューズのサンプルが送られてきては、実際に履いて試してみてフィードバックをするわけです。

そういうことを30年近くやってきたなかで蓄積された経験とノウハウを生かし、2008年に立ち上げたのが、『長距離ランナーが痛みを感じないランニングシューズ』をコンセプトとする自社ブランドLUNGE。

話を元に戻して質問に答えるなら、一般的なスニーカーよりも値が張る理由は3つあります。あ、ちなみに、ひとつだけ2万円代のモデルもあるので何卒!」

©株式会社バーリオ

01.
唯一無二のミッドソール

©株式会社バーリオ

「なんといっても、LUNGEの真骨頂といえばミッドソールです。

一般的には20%程度とされるEVAの含有量が脅威の80%(※1)。腰や膝の負担を軽減させる抜群のクッション性と反発性を兼ね備えています。シリアスランナーとして、スニーカーの目利きとして、蓄積されてきたノウハウがここに凝縮されているわけですね。

彼らの母国ドイツって、医療用矯正シューズがポピュラーな国なんですよ。X脚の人が多くて、普通のシューズだと膝に負担がかかってしまう。だから、ウォーキングやランニング時の無駄な動きを極力少なくして、関節への負荷を減らす。そういう意識が高いんです。

なお、インソールには⼈間⼯学に基づき設計されたアーチサポートと吸湿性をもたせたオリジナルインソールが装備されています」

※1「Classic Walk」「Classic Run」「Integer Walk Cushion」が対象

02.
Made in Germany
もちろん環境への配慮も!

©株式会社バーリオ
©株式会社バーリオ
©株式会社バーリオ

「以前、LUNGEの工場に行ったことがあります。ハンブルクから車で2時間くらい。のんびりとした田園風景が広がる綺麗な場所です。工場は重要文化財に指定されている建物で、昔は牛舎だったとか。

かなり大きな建物なんですが、スタッフは20名くらいしかいません。少数精鋭なので、スペースが有り余ってる感じでした。製造工程は手仕事がほとんど。そこは彼らも妥協したくないんでしょうね。

もちろん、LUNGEのシューズは、OEKO-TEX100(※2)の認定も受けています。環境問題に対してシビアな国ですから、有害物質を出さないとか、そういうところもしっかりしているんです」

※2 繊維の原料から製品までの過程で厳しい検査にクリアした繊維製品に与えられる世界的基準

03.
ドイツ産の原材料を70%以上使用

©株式会社バーリオ

「製造だけでなく、使用する原材料にも相当こだわっています。LUNGEが大切にしているのは、ドイツ産のものを70%以上使用するということ。

たとえば、アウトソールは「NORA」社というドイツの大手ゴムメーカーのものを採用。ミッドソールやインソールも、ほとんどがドイツメーカーのものです。

世界に目を向けると安価な材料はたくさんあると思いますが、“ドイツのもの”を使ってドイツで作る。地産地消ですね」

©株式会社バーリオ

「そうそう、はじめてLUNGE兄弟にお会いしたときに『このミッドソールは、2000km走ったあとでも、最初の1歩とクッション性が変わらない。これこそが僕らのこだわりなんだよ』と言ってました。

いかがでしょう?ご質問の答えになっていますでしょうか」

 

はい、「LUNGE」が欲しくなりました!

Top image: © 株式会社バーリオ
10月初旬、アメリカのファッションブランド「MSCHF」が、ナイキの名作「AirMax97」をカスタマイズしたスニーカーをリリース。その名も「ジーザス・ス...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
上海開催時、全チケットが36秒で完売したという世界最大のスニーカーイベント「スニーカー・コン」が11月23・24日に「インテックス大阪 2号館」で開催。レ...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
さまざまなアーティストがカスタムしたスニーカーを購入できるプラットフォーム「The Custom Movement」。希少性の高いNIKEやVANSが勢揃い!
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
国際輸送物流会社「DHL」のロゴがあしらわれたスニーカーが登場。同社の創立50周年を記念し、ラグジュアリーリテーラー「Budapester」とのコラボレー...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
「SPALWART」「NOVESTA」「ZDA」あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。いずれ...
Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...
CONVERSE(コンバース)とCHINATOWN MARKET(チャイナタウンマーケット)のコラボスニーカーが発売され、即完売となった。紫外線を浴びると...
〈MOONSTAR(ムーンスター)〉の「RALY W」です。起毛感のあるモールスキンのアッパーは秋冬にピッタリ。実際、保温効果もあります。色味も落ち着いて...
「ファッションの信用」を掲げる日本発のブランド「EQUALAND」の紹介です。