「99のサイズ」があるファッションブランド

あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出しているのは、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Motion」。

いろんな体の特徴に合ったドレスを提供するべく、数千の女性に関するデータをもとに分析を重ね、ユニークな方法を導き出しました。

それが「99のサイズ」を用意するというもの。

お客さんはWEBサイトで自分の身長などを入力し、それに応じたサイズが提示される仕組み。受注されたら、「Laws of Motion」は工場でドレスを製造するそう。時間がかかると思いきや、たったの10分で仕上がるみたい!

ドレスに体を合わせるのではなく、体にドレスを合わせる。そんなことができるのです。現在はアメリカのみで販売をしていますが、これなら日本人にもマッチするはず!

Top image: © Laws of Motion
ニューヨークを拠点にするデザイナーAria McManusさんが製作した「Towelkini」。“タオルキニ”の名の通り、ふたつを合体させちゃったアイテムです。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
シカゴのピザ博物館「The U.S. Pizza Museum」。5月31日、展示スペースが拡大する形で再オープン。展示品には“ピザの剥製”も……。シカゴ...
着ぐるみのような洋服のお尻の部分にクッションがついているThinkGeekの「Bean Bag Onesie」。キャッチコピーは「Never stand ...
NASAとESA(欧州宇宙機)が研究目的である募集をかけています。これ、金額だけ見ると割がよすぎて話題となっているんですが、約2ヵ月の間、ずっとベッドの上...
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「INDIGO RIP」です。
SOPH ONLINE STOREでみつけた「ファン付きパーカ」。爽快な着用感のために手元のスイッチ操作で、ファンが稼働し外気を取り入れることができます。
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...