摂食障害の女性を「ファッション」から応援するプロジェクト

アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。

摂食障害の治療は道のりが長く、治療費も高額です。そんな女性たちを救いたいと、少し変わった視点から支援を行っている団体があります。

それは「サイズの書かれていない服を送る」というもの。

治療の一歩は
「体重やサイズを見ない」こと

プロジェクトの中心となっているのは、自身も摂食障害で苦しんだというErinさん。

過食と拒食を繰り返すうちに、彼女のクローゼットは着られない服でいっぱいになってしまったのだそう。

「でも、治療費が高額だから新しい服も買えないし、そもそもお店で服を選ぶのが苦痛だったの」

服屋へ行けば、当然すべての服がサイズで分けられています。さらにたくさんの鏡に囲まれて、自分の今の体型と服のサイズが明らかにされてしまいます。

摂食障害の治療の第一歩は、自分の体重や服のサイズを見ないようにすること。新しい服を買おうと思うと、それができなくなってしまうのです。

サイズが
書かれていない服を

「自分と同じように苦しんでいる女性は、たくさんいるに違いない」と思ったErinさんが立ち上げたのが「Garment Project」。

摂食障害の治療を受けている女性が対象で、その治療を担当している医療機関がGarmentに女性の現在の体型などの情報を登録。Garmentは、その情報を元にTシャツやジーンズ、下着などの基本アイテムを送ります。ちなみに服は、すべて寄付された新品。

その後、登録された女性の好みやファッションのテイストに合わせた服をGarmentがピックアップし、専用ページに載せます。女性はその中から自由に着たい服を選ぶことができ、選んだ服は直接女性の自宅へと送られます。

さらに、気に入らなかった服はいつでも返品OK。着払いの箱に入れて返送できます。

重要なのは、服についているタグなどのサイズの情報が、すべて取り除かれていること。サイズを気にせず、好きな服を着ることができ、治療に専念できるのです。

「自分が自分らしくいられる服を選んで欲しい」という気持ちから始まったこのプロジェクト。摂食障害に苦しむ女性を救う新しい支援として、今後の広がりが期待されます。

「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...