罪悪感とは無縁の「ホイップクリーム」

人々がベジタリアン、ヴィーガンになる理由はじつにさまざま。宗教的な理由や信条、健康を意識してなどあるでしょうが、とはいえクリームたっぷりのスイーツへの欲望が消えるわけではないようで。

ベジタリアンの多い欧米人の志向は既に「甘いものを我慢する」ことではなく、「甘いものをいかにヘルシーに食べるか?」というところに向かっています。

そこで白羽の矢が立ったのが、ココナッツ。ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。

ヴィーガンホイップのレシピ

ヴィーガンホイップは、ココナッツミルクの乳脂肪分だけを使って作るクリームです。大きなスーパーなどに行くとスプレータイプの生クリームと並んで、このヴィーガンホイップが鎮座する程、定着しはじめているのだとか。

生クリームと同じ用途ながら、生クリームとは全く違う口どけのさっぱり感。これがまたおいしいのです。作り方はびっくりするほどカンタン。さっそく紹介していきましょう。

<材料>
ココナッツミルク缶:1缶
メープルシロップ:大さじ3
バニラエッセンス:小さじ1/2

<作り方>
まず、ココナッツミルク缶を一晩冷蔵庫でしっかり冷やし、ココナッツミルクと水分を分離させます。この際、泡だてに使うボウルも一緒に冷やします。缶をあけ水分と固形分とに分け、冷やしたボウルに固形分を入れ氷水のボウルを下にあてながらハンドミキサーで泡立てます。メープルシロップ、バニラエッセンスを加えて、さらに泡立てて完成。

ぜひ試してみて。

フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
去年の夏、「Hershey's(ハーシー)」がミルクチョコレート味のホイップクリームを販売し始めた。フードインスタグラマーCandyHuntingの投稿に...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ダイエット中ならば、砂糖はなるべく控えたいところ。けれど、毎日の食事の中で完全に“砂糖抜き”は難しい…という人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが「コ...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
週末につくり置きしておけば、どんなに疲れて帰ってきた夜も、極上のバスタイムが楽しめますよ!
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
プリンのくせにドロドロなんです。
みんな大好きな、いちごのショートケーキ。いつもの食卓も、このコが出てくるとぱっと華やぎますよね。でもスポンジを焼いて、クリームを泡立てて、と作るのは一苦労...
うまくいっていない関係を、無理にうまくいかせようとする必要はない。関係が壊れたときは次の恋に進んだっていい、と教えてくれる「Elite Daily」の人気...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...