「とりあえず」の恋で芽生えた罪悪感は、きっとあなたを苦しめる…

うまくいっていない関係を、無理にうまくいかせようとする必要はない。関係が壊れたときは次の恋に進んだっていい、と教えてくれる「Elite Daily」の人気ライターPaul Hudsonさん。

いまのパートナーと一緒にいることで、以下の8つの罪悪感を感じるならば、素直にその恋を見直してみるのがいいかも。

01.
優しいから
傷つけたくない…

5acdececabdb16fd930f1b1936db1dd216b418df

この世は、いい人ばかりではありません。だからいい人に出会ってしまうと、なかなか離れなれなくなってしまいます。さらに彼を傷つけるなんて、もってのほか。でも残念ながら「優しさ」だけで関係を続けていくことはできないのです。

もちろん「優しい人」は魅力的です。年を重ねていくごとに、この特徴は増していくでしょう。でも、うまくいかないものはいかないのです。

情熱も愛も、長く偽ることはできません。愛情がなくなったことに対して、必要以上の罪悪感を感じないようにしましょう。

02.
一緒の時間を
過ごしすぎてしまった

こういった相手は難しいですよね。いままでずっと愛してきてくれたからこそ、忠実でいないといけない、と思うかもしれません。でもある地点を達してしまうと「忠実である必要」はなくなるのです。もちろん信頼関係を育むために、ふたりの関係を深めることは大切。

でも、相手の態度が誠実ではないなら、あなただけがその真面目に接し続ける必要なんてありません。相手も努力をしない限り、これ以上関係は成長しません。未来のない関係にしがみつくほど最悪な決断はないのです。

03.
一度は愛した相手だから
離れるのがつらい

D7d74e42f809985bb486a80116c61721c69a0ae5

うまくいかせようと頑張っているふたりの関係が崩れていくのは、悲しいもの。「愛さえあれば」と思うかもしれませんが、なかなかそうもいかないのが現実です。結局のところ、お互いが同じ努力を注がなければ関係は持続しないし、恋愛が「勝手にうまくいく」なんてことはないのです。

誰かを愛すと、一生を一緒に過ごせてしまいそうな錯覚に陥ります。でも、忘れがちなのは、人間が変わっていく生き物だということ。相手や自分が変わってしまえば、愛の形だって変わります。絆が深まることもあれば、ぷつりと切れてしまうこともあるのです。

04.
「もっといい相手」を
見つけられるかが不安

もしかしたら、見つからないかもしれません。でも「もっといい人」ではなく「今の相手とは違う人」を探せばいいのです。「もっといい」は、とても主観的。

ぼんやりと「こんな人がいいなぁ」という理想はあるかもしれませんが、実際に出会ってみないと相性は判断しがたいもの。それに、予期せぬことが起きるのが、ある意味「恋に落ちること」だと思うのです。

05.
その人自身ではなく
「彼のいる生活」が手放せない

157102aa7df60da2f85b925c9bc2de65a9d2339a

お金持ち、そこそこ有名、冒険心で満ち溢れている…。パートナーの何かしらの要素が人生を豊かにしてくれているから、離れられずにいるのでは? もしかしたら相手の住むマンションの存在だけが、ふたりをつなぎとめているのかも。

理想の人生を作り上げてくれる相手に出会うのは、とても素敵なこと。でも、ひょっとしたらそれは自分ひとりでも手にいれられるものではないでしょうか?

心から愛している相手と、その人生を作り上げることだってできるはず。一緒にいることによって生まれる「感情」よりも、彼らがくれる「モノ」に固執しているのであれば、罪悪感を感じるべきかもしれません。

06.
不確かな未来のために
「今」を手放したくない

不安定が嫌いなのは、あなただけじゃありません。過剰に心配しても仕方がないのですが、考えずにはいられないのが本音でしょう。

でもそれ以上に最悪なのは、一緒にいるべきではない人と関係を続けること。相手と離れることで不安な気持ちになるかもしれませんが、そうでもしなければ他の機会も巡ってきません。つまり、今以上に楽しい人生を掴む「チャンス」が巡ってこないのです。

不安定だからこそ、予期せぬことが起きたときに幸せを感じることができるでしょう。

07.
これ以上自分に合う人はいない
と思ってしまう

C0ab0f649ce746ef06ca9a146999c91fc86c9f9c

その判断ができるのは、自分だけです。被害妄想をしたり、周りの意見にとらわれず、自分にとことん正直になりましょう。

あなたを100%知る人間なんていません。あなたの人生を知らなければ、何に頭を悩ませるのか、今までどんな壁を乗り越えてきたのかも、知る余地がないのです。

きっと、自分と合わない人と一緒にいることで自分の首を絞めたくはないですよね。「人生それでいいのか?」と、自分自身に問いかけることを忘れないでください。

08.
「理想」を諦めている

自分に合う人や理想の人生探しを諦めてしまっているなら、たとえいまは感じていなくても、きっと近い将来、積もりに積もった罪悪感を感じることになるでしょう。

いま別れるのがつらいならば、数年後はもっとつらくなるはず。つまり、いま別れてしまえば、来週「運命の相手」に出会える可能性が生まれるかもしれません。しがみついてばかりの恋をしていると、チャンスを逃してしまう恐れがある、ということを心に留めておきましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
相手を想うがゆえに、必要以上に気をつかってしまう…というのは恋愛によくあること。でも、あまりにも相手中心に行動してしまうと、本来の自分を見失いかねません。...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
「Elite Daily」のライターJulia Guerraさん。彼女が説いていた、失恋から立ち直るための小さなステップを紹介します。
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
「ショップT、大集合!」#3 つるやパン@滋賀県
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
想像するに、付き合って1〜2年。しっかり者だけど実は甘えたがりの女の子と、弟気質だけど根は頼りがいのある男の子。絶妙な距離感のふたりです。タイのイラストレ...
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいるかもしれません。数少ないデートをドタキャンされたり...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
2人では解決できない大きな問題があって、長年付き合っていた恋人と別れた。だけど、その人が過去に与えてくれた安心感や楽しかった思い出が心に残っていて、すぐに...
わるくない見た目と性格なはずなのに、なぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。今は彼女ができない時期なだけだと思って...