世界に広がる「日本食」。でも実際、子どもたちのリアクションは?

世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見えるのでしょうか。

Cut.com」では、KIDS TRYと題して、アメリカの子どもたちに世界のご飯を食べてもらう企画をやっています。そのなかの「日本食」の回をご紹介。子どもたちの反応は…?

まずは朝食
納豆ご飯とお味噌汁

33c69d6468ad6610235da3781726b1130d01a295

「これが日本の朝食なんだよ」と食事を出される子どもたち。

3a2bd088317c1bedc9bc62f2d685aaeb7dd5ea0e

そもそも、お箸で食べるのが大変!なんだか見たことない食べ物に、最初は口にするのも勇気がいる様子。

24b89821240599dad84a94bc959196508de39714

食べたくなくてごまかし始めちゃう!

E6bf6694d097e29d1c59cb87be745d7487a3f4f4

フォークを使うことにして、とりあえず納豆を持ち上げてみるも、顔がこわばっています。

6406d8a2c60e16ba052e43c2f92534b974f17cba

ひと口食べて、この顔!さすがに納豆はお口に合わなかったようです。

8fdb1e4f7d0dc13f2d5b99817673692bfab7e6ec

みんな思わず口から出しちゃうほど、強烈なお味だったようです。

続いて昼食
刺身、梅干し、切り干し大根

6d9e338bea7e89e382ba583578eba81c5c1cae28

続いて「日本の昼食」と言って出されたのがこちら。

337168ac8cd65a82bc6727ad5a3d166beb62055a

生魚に抵抗がある様子の子どもたち。

2f641de5cf88d47cc41df52a7e66fd61705053ae

「その魚は生なんだよ」と言われてこの顔。

C610576ff572982d67083c0c0b0b1551d8cb4533

「このオレンジのつぶつぶ、最初は美味しいかと思ったんだけど、口の中で爆発したの!」とイクラに衝撃を受けた女の子。

4ae95210d8542373be2f47a81544337fbf7c6b97

ワサビも衝撃的だったようで大騒ぎ。

今度はうどんと天ぷらで
晩御飯

B543d9998427513d2cb3761b2a53fcb115c66b40

日本の晩御飯として紹介されたのは、うどんと天ぷら。

30f7ad2757160fee461adde434babf0f6dcfa391

これまでのものに比べたら、海老の天ぷらは受け入れやすいかも?

9a974cdf8fcb84227164b76f60be9b9aba175184

フォークで頑張ってすすります。「日本では音を立てて吸うんだよ」と聞くと、それには抵抗がある様子。

D2966a171e97811b19d229f5938271738c882b93

子どもたちが注目したのはカマボコ!「fishcake」と説明されていましたが、魚をこんなふうに食べるのは初めてのようです。

最後はデザート!
お汁粉をご紹介

2bd66d4c143477e8f20688aae0840c917aada5eb

子どもたちが最後に食べたのは、デザートのお汁粉です。

Dcb5663e43efede0257f2c3d8bfe1f8c2f3b4483

「デザートなのにあったかい!」と早々に指を突っ込んじゃう男の子。

4270cf55063ddd910861b52e0e368c3736b9056e

お餅の感触が面白かったようです。

Dff52b1aacfcff5b988901b5e475391139e73d65

「日本では毎年お餅を喉に詰まらせて、亡くなる人がいるんだよ」なんて聞きながら恐る恐るお餅にかじりつきます。

慣れないメニューに戸惑った様子の子どもたち。一部の大都市や、ヘルシーさを求めて和食を取り入れる人が増えているとも聞きますが、子どもたちの素直なリアクションには「なるほど」と思わざるを得ません。

動画の全編はこちらから。

Licensed material used with permission by Cut.com, You Tube, Facebook, Twitter
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー子どもが食卓に並んだ料理について何か聞いてきたり、料理し...
日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。クリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知...