世界で初めて、トランスジェンダー女性が「母乳育児」を成功させた。

2008年、男性が世界で初めて妊娠・出産したとニュースになりました。

もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれているということに気づき、性転換手術をしたThomas Beatieさん。

法的にも男性と認められ結婚したものの、奥さんは過去に子宮を摘出していて、妊娠できない状態だったのだそう。そこで、子宮と卵巣が残っていたThomasさんは、父親として子どもを産むことを決意しました。

子どもを妊娠するために男子ホルモンの投与を止めて、人工授精を試みた結果、見事に妊娠。女の子を無事出産しました。今では3人の子宝に恵まれ、家族5人で幸せな家庭を築いています。

もちろん、男性の妊娠・出産は世界中のメディアが注目し驚かれていましたが、出産したあと、奥さんの母乳で子どもたちが育てられていたという点に、「なぜ奥さんの胸から母乳が出るの?」という疑問の声が多かったようです。

奥さんは、母乳が出るようにホルモンを投与をして、母乳育児の準備を進めていたのです。子どもを産んだのはお父さん、母乳によって育てるのはお母さん。こういった家族のカタチを実現することが出来るということも、このニュースによって多くの人に届いたことでしょう。

2018年、
男性として生まれた女性にも…

トランスジェンダー男性が妊娠・出産したニュースのちょうど10年後。

2018年2月16日、生まれた時は男性で、今は女性として生きる人でも、乳の分泌を誘発するホルモンを使って、授乳できるようになったと『Transgender Health』が発表しました。

これは世界初の科学的な臨床研究結果で、『mail online』によると、彼女は1日226グラムの母乳を分泌する事に成功し、赤ちゃんは生後6週間、ほとんど母乳だけを与えられたそうです。

その後も母乳と離乳食で育てられ、健康に成長中とのこと。乳の栄養価や、子どもの安全面については、今後も研究が必要だという声もありますが、今のところ成長や摂食機能には問題がないとされています。

 

ストレートの男性が
妊娠・出産・授乳できる日が来る?

『アメリカ生殖医学会』によると、現在の移植医療技術では、男性に子宮を移植し、妊娠・出産することは可能だと言われています。

引用:『RT

ただし、それには女性ホルモンの投与が前提で、人工授精・帝王切開になる可能性が高いとのこと。

実際のところ、本当に実現するのがいつになるかはわからないけれど、もしかしたら10年後には、男性の体で出産、母乳育児をする姿が見られるのかもしれません。

トランスジェンダーの人たちは日々の日常でどんなことを考えているのだろう。自分が経験したことなかったり、身近に聞ける人がいないとなかなかわからないもの。自身...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
「トランスジェンダー」も、十人十色。「ただ世間では、しばしば『トランスジェンダー』というひと括りで語られてしまうのです」と訴えるのは、ライターのBasil...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...