「席を譲って欲しい人」と「席を譲りたい人」を繋ぐ、マタニティサポートアプリ。

Babee on Board」は、“座席を譲って欲しい”という意思表示を、ワンタッチで近くにいるユーザーのスマホへ送信できるアプリです。マタニティマークとあわせて使えば、周囲のサポートをより受けやすくなるのではないかと言われています。

Bluetoothで通信するため、
インターネットは不要。

これを使えば、Bluetoothで、半径4.5メートルの範囲内にいるユーザーに通知を送ることができます。その際、インターネットは必要ありません。受信者はアプリをインストールしておくだけでよく、送信者はアプリを開いてボタンを押せばOK。

ユーザーのスマホ画面に、
リクエストをポップアップ。

リクエストがスマホ画面などにポップアップされるようになるため、妊婦の存在やその要求に気づきやすくなり、出来る限りサポートしたいと考えている人の行動を促せると言われています。ユーザー数をどれだけ増やせるかが課題だという指摘はありますが、こういう選択肢があるというのは、便利なことかもしれません。

アプリは、送信用の「Babee on Board: Request Seat」(480円)と、受信用の「Babee on Board: Offer Seat」(無料)が、別々にダウンロードできます。前者の利益は、非営利団体「Project Healthy Children」に、すべて寄付される仕組みです。

Licensed material used with permission by Babee on Board
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。