生後10週間の赤ちゃんを背負い「バックパック」するママ

生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。

案の定、周りには「狂った母親」なんて言われたが、すでに10カ月ほど無事に旅行を続けており、愛娘のエスメちゃんはスクスクと育っている。

生後10週間の赤ちゃんと
バックパック

7608583a91ab9a4e2e41b1c6df54faf515a7370d

妊娠前からモーレツにバックパック旅行をしたいとお互いに話していたという夫婦。さすがに妊娠した時にはその夢を断念しなければならないと頭によぎった。が、やっぱり出発を決意。

カレンさんは産休を取得し、夫のショーンさんは仕事をやめ、持っていた車を売却、住んでいた家を引き払って旅に臨んだ。もちろん、エスメちゃんはワクチン注射もバッチリ。

ロンドンで出産したのちに、ママの母国であるアイルランドに向けて出発。その後、ニュージーランド(パパの母国)のほか、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、台湾、香港などなど。今は各国を転々としている真っ最中だ。

7ce4d2f3b63496d0c3443d4293dc808324a807bb

彼女のブログ「Travel Mad Mum」には、旅の記録や、観光地を紹介するほか、現地にあるベビー用品の情報などが書かれている。

まだ小さいため、抱っこして移動するのは比較的ラク。なかには危なっかしいシーンを捉えた写真もあるが、刺激的な体験ができているようだ。

4b481a179bec42b77aa967bffb39edbd45072ed3E74be49628ddc2b33f068ddbf35eafc1adb1b693Da3ec05395f1271acd4a6ee8342d585635a50bcb8e1ef7f8da332f6a9c834a72eef254a2545cfee09bf0830f7b083930c98a832c48c5e80c64c62458E009b298f115793a9806cc3091a5e9599226bed5B89def75df5c7b617b41793305c21e24a2b4afc6A30307bc3be135fbc87170eefb71babe584343f250e2babdbd71f744737505379e52e0e0757aef82

彼女のブログにあるコメントを紹介。

「順序さえ守れば、シュノーケリングやダイビング、なんだってできます。産休の使いみちとして、バックパック以外のことは考えられませんでした。この子は、いろんな国の空気を吸い、その視点やニオイを感じて育っています。

たしかに、他の子どもと接する時間がなかったり、一箇所に定住したことがなかったりするけれど、勉強は図書館でもできるし、彼女もとても楽しそうです。ロンドンに帰ったら、旅行よりも楽しい遊びを見つけるのが大変かもしれませんね。みんな、旅行に子どもは邪魔になるって言っていました。けど、そんなことはありませんよ」

Closer」では、「世界一小さなバックパッカー」なんて呼ばれているエスメちゃん。幾つものメディアに取り上げられ、世界中の注目を浴びることになった。一体どんな子に育つのだろう。

旅の最新情報は、FacebookInstagramでチェックできる。2016年2月12日には、アンコールワットで撮影された写真がアップ。カレンさんの旅行記は、子どもを連れて海外旅行したい!と思っている人には、参考になる情報がたくさんあるはずだ。

Licensed material used with permission by Karen Edwards
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
「赤ちゃん動画」と言えば、Facebook上で犬や猫とその人気を二分するジャンル。その中でも、世界中のパパやママの間で激しく議論されている動画があります。...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...