世界で一番、スリを寄せ付けないバックパック「Bobby」

海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。

でも日本ならまだしも、海外でのバックパックは危険な場合もあります。背後からジッパーを開けられて荷物を盗られてしまったり、ナイフで切り裂かれてしまう、なんていう被害もよく耳にします。せっかくの楽しい旅行でそんな目に遭ってしまったら、立ち直れないですよね。その悩みを解決してくれそうなのが、Bobby。

どこから開けるのか…
わからない

外側からはまったくジッパーが見えないので、「えっ、どこから開けるの?」って思いますよね。

リアオープン構造になっていて、ジッパーがあるのは、ここ。背後からこっそり迫ってきたスリもすぐには見つけられず、戸惑うはず。

それならカッターで…
切れない

見た目こそコットンですが、内側には衝撃吸収素材と防刃素材が張り巡らされ、カッター程度で貫通することは不可能。

スマホや財布が…
見つからない

もうひとつ、よくあるスリの手口は、ズボンのポケットに入れたスマホや財布を抜き取るというもの。もちろん、それも対策済。

じつは、体に密着して隠れる場所に収納がいくつもがあるので、すぐに取り出し可能な仕組みになっているんです。ここに入れておけば、気づかないうちに貴重品を盗られる心配もありません。

さらに、荷物の重量を腰で支えられるような設計、雨の日もOKな防水機能、PCも持ち運び可能、スーツケースやキャリーケースのハンドルに取り付けられるバンドもついていて、世界中で25万個も販売される大人気商品に。

現在、makuakeからも購入できます。旅行用はもちろん、ビジネスでも使えそうですね。

Licensed material used with permission by Bobby
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
旅先で、スリや置き引きの被害にあった人はもちろん、ない人でもこれはチェックしておいて損はありません。おそらく、これ以上安全なバッグは2つとないはず。まさに...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...
心温まる動画をご紹介。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...