世界で一番、スリを寄せ付けないバックパック「Bobby」

海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。

でも日本ならまだしも、海外でのバックパックは危険な場合もあります。背後からジッパーを開けられて荷物を盗られてしまったり、ナイフで切り裂かれてしまう、なんていう被害もよく耳にします。せっかくの楽しい旅行でそんな目に遭ってしまったら、立ち直れないですよね。その悩みを解決してくれそうなのが、Bobby。

どこから開けるのか…
わからない

外側からはまったくジッパーが見えないので、「えっ、どこから開けるの?」って思いますよね。

リアオープン構造になっていて、ジッパーがあるのは、ここ。背後からこっそり迫ってきたスリもすぐには見つけられず、戸惑うはず。

それならカッターで…
切れない

見た目こそコットンですが、内側には衝撃吸収素材と防刃素材が張り巡らされ、カッター程度で貫通することは不可能。

スマホや財布が…
見つからない

もうひとつ、よくあるスリの手口は、ズボンのポケットに入れたスマホや財布を抜き取るというもの。もちろん、それも対策済。

じつは、体に密着して隠れる場所に収納がいくつもがあるので、すぐに取り出し可能な仕組みになっているんです。ここに入れておけば、気づかないうちに貴重品を盗られる心配もありません。

さらに、荷物の重量を腰で支えられるような設計、雨の日もOKな防水機能、PCも持ち運び可能、スーツケースやキャリーケースのハンドルに取り付けられるバンドもついていて、世界中で25万個も販売される大人気商品に。

現在、makuakeからも購入できます。旅行用はもちろん、ビジネスでも使えそうですね。

Licensed material used with permission by Bobby
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。