世界で一番、スリを寄せ付けないバックパック「Bobby」

海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。

でも日本ならまだしも、海外でのバックパックは危険な場合もあります。背後からジッパーを開けられて荷物を盗られてしまったり、ナイフで切り裂かれてしまう、なんていう被害もよく耳にします。せっかくの楽しい旅行でそんな目に遭ってしまったら、立ち直れないですよね。その悩みを解決してくれそうなのが、Bobby。

どこから開けるのか…
わからない

外側からはまったくジッパーが見えないので、「えっ、どこから開けるの?」って思いますよね。

リアオープン構造になっていて、ジッパーがあるのは、ここ。背後からこっそり迫ってきたスリもすぐには見つけられず、戸惑うはず。

それならカッターで…
切れない

見た目こそコットンですが、内側には衝撃吸収素材と防刃素材が張り巡らされ、カッター程度で貫通することは不可能。

スマホや財布が…
見つからない

もうひとつ、よくあるスリの手口は、ズボンのポケットに入れたスマホや財布を抜き取るというもの。もちろん、それも対策済。

じつは、体に密着して隠れる場所に収納がいくつもがあるので、すぐに取り出し可能な仕組みになっているんです。ここに入れておけば、気づかないうちに貴重品を盗られる心配もありません。

さらに、荷物の重量を腰で支えられるような設計、雨の日もOKな防水機能、PCも持ち運び可能、スーツケースやキャリーケースのハンドルに取り付けられるバンドもついていて、世界中で25万個も販売される大人気商品に。

現在、makuakeからも購入できます。旅行用はもちろん、ビジネスでも使えそうですね。

Licensed material used with permission by Bobby
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
「GoPro」がバッグ、アパレル、アクセサリーなど機能性に富んだライフスタイルグッズをGoPro.com限定でアメリカ時間の7月28日から世界同時発売。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
旅先で、スリや置き引きの被害にあった人はもちろん、ない人でもこれはチェックしておいて損はありません。おそらく、これ以上安全なバッグは2つとないはず。まさに...
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
バッグ一筋10年の「WOHLBEGE」ブランドから、紙素材の超軽量バッグが登場。耐久性に優れており、紙素材でありながら防水性能まで完備。