バッグ

機能が気になるトラベルバッグから、一風変わったコンセプトが話題になった斬新なバッグまで、さまざまなスタイルを集めてみました。「そういうのが欲しかった!」っていう逸品に出会える可能性も。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
どうせ捨ててしまったり、クローゼットに眠らせたりするくらいなら、いっそのことオンリーワンに変身させよう。
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
「BAILER」の新色は、ジャーマンミリタリーを彷彿とさせるカーキ。以前からネイビー&グレーもいい色でしたが、“どうして初めからこの色を出さなかったんだ!...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
多くは語りません。この「Nanobag」は、とにかく軽くてコンパクトで丈夫。もう、それだけ。
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
気候もよくなってきて、気分はお出かけモードの人も多いのでは?そんな時、荷物がゆったりたっぷり入る大きめのバッグがあれば、ガイドブックや羽織モノに飲み物……...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
〈MATATABI(マタタビ)〉の「Paper Clutch Bag」は、キャンバス地のペーパーを貼り合わせることで、封筒のような質感とキャンバスの強度を...
〈suolo(スオーロ)〉の定番モデル「crop(クロップ)」は、土っぽい感じ。それもそのはずで、suoloとはイタリア語で土壌という意味。ガーデニングや...