「セブンイレブンのエコバッグ」が便利すぎる!

プラスチック製レジ袋の有料化がスタートした。

“レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ”をエコバッグと定義して紹介してきたが、追加したい逸品がまだまだある!

#18
セブンプレミアム ライフスタイルのシュパット コンパクトバッグ(6L)

©2020 NEW STANDARD

セブンイレブンの店舗で売ってたエコバッグ。6L、20L、40Lの3サイズ、2カラー展開なのだが、この6Lが優れもの。便利すぎる。コンビニレジ袋の代わりとして、これ以上のものはない。

風呂敷のように底マチサイズが変わり、袋口が大きく開く。メインスペースはコンビニ弁当に完璧にフィットし、隣にはドリンク用のハンモック。温めた弁当と冷たい飲み物を分けて入れられるわけだ。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

商品名の通り、両端のテープを持って引っ張れば、シュパッと一気にたためてノンストレス。

新たな習慣は、大事だとは頭で理解していても、煩わしければなかなか続かない。でもこれなら無理なく取り入れられる。

最終的には、こんなにコンパクトに!バッグの中でもまったくスペースをとらない。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

もちろん洗濯もOK。弁当から少々油がこぼれても安心だ。

ちなみに、このバッグ自体も再生生地でできている。価格は1078円(税込)。この利便性でこの価格は安すぎる。

購入はお近くのセブンイレブン店舗で!

Top image: © 2020 NEW STANDARD

\\オシャレなエコバッグが欲しい!おすすめ17選をチェック//

7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
2018年の4月1日、バーガーキングはエイプリルフールのネタとしてチョコレート味のワッパーを開発したと発表。2020年の9月1日、台湾・台南に10年ぶりに...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
シリーズ累計販売数4万枚を記録した「0.」の最新エコバッグ「Foldyroll bag」が日本上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。
「raregem(レアジェム)」のバッグの中でも特に人気を博しているグローサリーバッグ「イェッシリー」。
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...