エコバッグの次は「プロデュースバッグ」がくる!

7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。しかし、そんななか、変わらず無料で、かつ取り放題な状況でスーパーに置かれているロール状のビニール袋たち。そう、環境に対してレジ袋と同様に影響があるのに、まだここには法的な対策が及んでないようです。「だったら、自主的にビニールを節約しよう!」

ということで、紹介したいのが「プロデュースバッグ」です!

この記事では、まだ日本ではあまり馴染みのないプロデュースバッグについて、エコバッグとの違いやその使い方、オンラインで購入できるアイテムまで解説していきます。

プロデュースバッグとは?

プロデュースバッグに入った野菜
©iStock.com/Bogdan Kurylo

プロデュースバッグ(Produce Bag)と聞いて、「〇〇がプロデュースしたバッグかな」と思った人もいるかもしれませんね。

プロデュースは名詞で「農産物」という意味を持っているんです。そして説明するまでもないと思いますが、バッグは袋のこと。つまり、「農産物を入れる袋」これがプロデュースバッグの正体なんです。

プロデュースバッグの素材は、土に還りやすい素材が使っていることが多く、また、丈夫な繊維を使っていることが特徴です。袋の上部には口をしめるための巾着のような紐もついているアイテムも。

プロデュースバッグは、日本ではまだ一般的に普及しておらず購入できる場所も、商品数も少ないのが現状。ですが、欧米では豊富な種類のプロデュースバッグが販売されているのです。

 

なぜ今プロデュースバッグ?

2020年7月1日よりプラスチック製レジ袋が有料化されました。

これは、レジ袋生産時に使用する原油消費や処分時に発生する二酸化炭素排出量の削減やプラスチックゴミによる海洋汚染の改善のため始まった取り組み。

レジ袋有料化に伴い、「お金がかかるなら......」という理由や環境への関心の高まりから、エコバッグを利用する人が増えました。企業・メーカーもこのニーズに応えるように様々なデザインや利便性に凝ったエコバッグをこぞって発売。

▼参考記事はこちら▼

しかし、冒頭でもお話した通り気になってくるのが、野菜売り場やお肉売り場、レジの先にある買った物を詰める場所においてある、ロール状の透明ビニール袋は使っていいの?無料でいいの?という点。

あのビニール袋も環境への影響は確かにあるはずですよね。現状ではあの透明のビニール袋に対する規制は設けられておらず、スーパーなどのショップも変わらず設置しているようです。

ここで登場するのが今回の主役、「プロデュースバッグ」です!エコバッグのように繰り返し使え、洗濯することも可能で、ビニール袋よりも通気性がよく、中に湿気がたまらないのも嬉しいポイントです。

プロデュースバッグのポイント

©iStock.com/Yuriy Kovtun

プロデュースバッグにもメッシュのものやコットンのものなど種類は様々!プロデュースバッグは自分で作ることも可能です。日本ではなかなか売っていないので、自分で作ってみるというのもあり!

袋の素材

一般的にプロデュースバッグを大別すると、「メッシュ素材」か「メッシュでない素材(普通の布)」に分けることができます。

メッシュ素材は通気性に優れているので、野菜などを入れるのにおすすめ。ですが、豆などの小さなものは、穴を通り抜けてしまう可能性があるため注意が必要です。

プロデュースバッグを購入するときには、土に還る素材を使ったものやオーガニックな素材を使ったプラスチックを含まない布を使ったものをチョイスしてみてください。自分で作る場合には、改めて布を買うのではなく、シーツなどの古生地を使ってみるのもおすすめ。

丈夫さ

モノを入れる上で重要視したいのが丈夫さ。お店で購入するような商品はそこまで問題はないはず。でも、購入時には縫い目に注目して、重いものを入れても縫製が崩れないか確認してみて。自分で作る際には、手縫いではなく、ぜひミシンで丈夫に作ってみてくださいね。

袋上部のデザイン

プロデュースバッグの袋上部のデザインは用途に合わせバリエーションさまざま。洗濯ネットのように上部にジッパーがついており、中身が出てきにくいもの。巾着のように紐がついていて、簡単に中身を出し入れできるもの。また、上部には特にデザインが施されていないシンプルなものなど。用途に合わせて、自分にあったものを用意してみてくださいね。

おすすめ「プロデュースバッグ」3選

sape.sapo.in.cloth

こちらは、「プラスチックにできるだけ頼らない 環境にやさしいおうちの雑貨」を販売しているショップのプロデュースバッグ。オーガニックコットンを使ったメッシュ地のプロデュースバッグ。洗濯機でお洗濯可能なゼロウェイスト & エコフレンドリーな商品。

【販売価格】¥ 1350(税込)
【販売サイト】https://sapesapo.thebase.in/items/30853875

Borderless Creations

リサイクルされた材料または地球に害を及ぼさない材料を使用した製品を販売するBorderless Creationsのプロデュースバッグ。堆肥化可能な素材を利用したサーキュラーエコノミーを意識された製品。また、このプロデュースバッグは野菜を入れたまま洗うことができるのも嬉しいポイント。

▼参考記事はこちら▼

Wowe

Woweは、「自然が尊重され保護されるだけでなく、健康的で責任あるライフスタイルの保護の道を先導する世界」をビジョンにアメリカで展開されているブランド。オーガニックコットンを使った穴のないタイプのプロデュースバッグで細かい豆などを入れるのにもおすすめ。iHerbから購入できるのも嬉しいポイントですね!

まとめ

エコバッグの浸透で高まった環境問題への取り組みへのネクストステップとしておすすめなプロデュースバッグ。ぜひ取り入れてみてくださいね!

Top image: © Ilnaz Bagautdinov/Shutterstock.com
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
「東急ハンズ」から雨傘の端材を活用した「東急ハンズオリジナル エコバッグ」が登場。全国の東急ハンズ、ネットストアで販売中だ。
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
Twitterトレンドの1位になるほどの話題性と人気を誇る「養命酒エコバッグ」が当たるプレゼントキャンペーン実施中!
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...