受注生産。ビニールテントで作る「JETMINMIN」のトート

#04
JETMINMINのFOLLOW-58

JETMINMINのFOLLOW-58
©2020 NEW STANDARD

「JETMINMIN」は、カットマンのMINMINとソーイングマンのJETTTによるメイド・トゥ・オーダー(受注生産)のトートバッグブランド。地元・浜松の織物を再発見したり、どこにでもあるインダストリアルマテリアルを機能的なトートバッグに作り変えたりするなど、全商品をふたりでハンドクラフトしています。

この「FOLLOW-58」というモデルは、愛知県にある旧知のテント屋さんからストックの供給を受けて制作したというビニールテント素材のトート。横幅は58センチで、マチもかなり広め。

JETMINMINのFOLLOW-58
©2020 NEW STANDARD

既報の通り、4月1日からは「パタゴニア」の国内直営店全22店舗でも持ち帰り袋が廃止に。今後もこの流れが加速するであろうことを考えると、これくらい大きなサイズのものも用意しておいたほうがいいと思うわけです。スーパーやコンビニでの買い物だけを想定しているようでは不十分。

ほら、アウターもすっぽり入ります。ビニールテント素材は水や汚れにも強いので、ちょっとくらい雨が降っても守ってくれそう。

JETMINMINのFOLLOW-58
©2020 NEW STANDARD

ボディは写真のオリーブのほか、ブラック、ネイビー、グリーン。ハンドルもショート、ロング、ダブル(追加料金)から選べます。注文が入ってからふたりで丁寧に制作するため、納期は通常で2週間、長いときで2ヶ月程度。

公式オンラインショップで注文可能です。

※2020年2月からタグが変更になり、記事内の画像のものとは異なります

Top image: © 2020 NEW STANDARD

\\オシャレなエコバッグが欲しい!おすすめ17選をチェック//

JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
9月13日、スイス発のプレミアムチョコレートブランド「リンツ チョコレート」が、チューリッヒ・キルヒベルクに博物館「リンツ・ホーム・オブ・チョコレート」を...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
TEMBEAの定番商品、バゲットを入れるためのトートバッグ「バゲットトート」がかわいい。
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
たった500gでダウンの暖かさを実現した、今年の冬にぴったりのジャケット「エアーライトジャケット」が、今月から応援購入サービス「Makuake」にてリリース。
世界的な人気を誇るキース・ヘリングと「セブン-イレブン」がコラボしたキュートなビニール傘が登場。
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
「PUEBCO(プエブコ)」のVINTAGE SLING BELT HANDLE TOTEは、インドの建設現場から出た廃材と、製造工場で余った業務用の頑丈...
日本国内で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用する新ブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。4/14よりオンライン限定で第1弾となる...
「GLOBAL WORK」が、毎年大量に破棄されてしまっている残反(洋服を作る際に必ず出る余った生地)をリサイクルしたエコバッグの販売を開始。