受注生産。ビニールテントで作る「JETMINMIN」のトート

#04
JETMINMINのFOLLOW-58

JETMINMINのFOLLOW-58
©2020 NEW STANDARD

「JETMINMIN」は、カットマンのMINMINとソーイングマンのJETTTによるメイド・トゥ・オーダー(受注生産)のトートバッグブランド。地元・浜松の織物を再発見したり、どこにでもあるインダストリアルマテリアルを機能的なトートバッグに作り変えたりするなど、全商品をふたりでハンドクラフトしています。

この「FOLLOW-58」というモデルは、愛知県にある旧知のテント屋さんからストックの供給を受けて制作したというビニールテント素材のトート。横幅は58センチで、マチもかなり広め。

JETMINMINのFOLLOW-58
©2020 NEW STANDARD

既報の通り、4月1日からは「パタゴニア」の国内直営店全22店舗でも持ち帰り袋が廃止に。今後もこの流れが加速するであろうことを考えると、これくらい大きなサイズのものも用意しておいたほうがいいと思うわけです。スーパーやコンビニでの買い物だけを想定しているようでは不十分。

ほら、アウターもすっぽり入ります。ビニールテント素材は水や汚れにも強いので、ちょっとくらい雨が降っても守ってくれそう。

JETMINMINのFOLLOW-58
©2020 NEW STANDARD

ボディは写真のオリーブのほか、ブラック、ネイビー、グリーン。ハンドルもショート、ロング、ダブル(追加料金)から選べます。注文が入ってからふたりで丁寧に制作するため、納期は通常で2週間、長いときで2ヶ月程度。

公式オンラインショップで注文可能です。

※2020年2月からタグが変更になり、記事内の画像のものとは異なります

Top image: © 2020 NEW STANDARD

\\オシャレなエコバッグが欲しい!おすすめ17選をチェック//

関連する記事

JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「東急ハンズ」から雨傘の端材を活用した「東急ハンズオリジナル エコバッグ」が登場。全国の東急ハンズ、ネットストアで販売中だ。
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
Twitterトレンドの1位になるほどの話題性と人気を誇る「養命酒エコバッグ」が当たるプレゼントキャンペーン実施中!
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
セブンプレミアム ライフスタイルの「シュパット コンパクトバッグ」。コンビニレジ袋の代わりとして、これ以上のものはない。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
シリーズ累計販売数4万枚を記録した「0.」の最新エコバッグ「Foldyroll bag」が日本上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...