「洋服の残反」から作ったエコバッグを「GLOBAL WORK」が発売開始

昨年12月、サステイナブルな社会の実現を目指し声明を発表した「GLOBAL WORK」が、毎年大量に破棄されてしまっている残反(洋服を作る際に必ず出る余った生地)をリサイクルしたエコバッグの販売を開始した。

声明のなかには「グローバルワークが作るモノは、素材や生産過程から、地球を守ることにつながるものでありたい」との一文があり、今回はその想いを形にするべくアクションを取った格好だ。

一律500円(税別)という非常に手に取りやすい価格設定がポイント。サステイナブルには関心があるものの、具体的に何をどうすればいいのかわからない。そんな人でも一歩を踏み出しやすいはず。

約20種類のカラー・柄はそれぞれ素材も異なるため、選ぶ楽しさもあるだろう。

販売は全国のグローバルワーク店舗にて。

© 株式会社アダストリア
© 株式会社アダストリア
Top image: © 株式会社アダストリア
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。