ブルーシートが、こんなにカッコよくなるなんて!

静岡の〈JETMINMIN〉による「DART! MINI」というバッグです。

よくみるとわかりますが、メインの素材として使っているのはブルーシート。頑丈で水や汚れに強い一方で、ルックスとしてはチープなこの素材ですが、こんなにカッコよくなるなんて!

ミリタリーテイストのオリーブに加えて、大胆なタグ使いや口についたゴムやボタン(ポーランド軍のテントに付いているものだそうです)といった細かい仕様が効いてます。

小さく畳めるので、使い方も幅広いです。◯◯用というよりも、ひとつ持っているとなにかと使える、そんなバッグですね。

写真のバッグはランチバッグぐらいの小さなものですが、同シリーズでサイズやカタチも豊富に展開中。色もオリーブの他、ブルーのまんまのものやブラック、迷彩柄もあります。

公式オンラインショップで購入可能です。

4a27f18e13ee9506c974ec792fe6100edbdb606f5eb2f7815789095579c272a099b34f675460c0ef

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈L.L.Bean〉の「グローサリー・トート」。お値段は税抜1,900円と同ブランドのトートの中でもっとも安価。他のモデルよりも薄手のキャンパス地で自立は...
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
「BAILER」の新色は、ジャーマンミリタリーを彷彿とさせるカーキ。以前からネイビー&グレーもいい色でしたが、“どうして初めからこの色を出さなかったんだ!...
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
〈ateliers PENELOPE(アトリエ ペネロープ)〉の「#9 Boxy」です。ファスナー付きポケット、2分割されたポケット、両脇にペットボトルサ...
〈suolo(スオーロ)〉の定番モデル「crop(クロップ)」は、土っぽい感じ。それもそのはずで、suoloとはイタリア語で土壌という意味。ガーデニングや...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
「The Adjustable Bag(アジャスタブルバッグ)」は3つのサイズに変形できるようになっています。31L、46.5L、62L。デイリーユース、...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
ごめんなさい。これ、今は売ってないんです。3年ほど前に〈かまわぬ〉のみなとみらい店がオープンして、その時に限定で作った商品です。わたし、通勤用のカバンがあ...