廃棄された飛行機の「シートカバー」が、ラグジュアリーなバッグに生まれ変わった。

身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、最後に手にするモノがイマイチだとすべてが台無しになってしまう。

では、そんな重要度の高いバッグをどうやって選ぶ?

素材やデザイン、大きさなど、考慮すべき要素は多い。が、もしかすると「ブランドの世界観」と答える上級者だっているはず。そこで、こんな情報をお届け。

それぞれのバッグには、
異なる「ストーリー」がある。

7月11日、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達を開始したばかりの「PLANE」は、廃棄された飛行機のシートカバーをゴミ処理場から“救出”し、その素材を活かしたバッグを製造しているブランド。レザーを効果的に使用することで、ラグジュアリー感をうまく演出している。

そして、なんといってもこのタグがポイント。ここには、使用したシートカバーが、どんな機体から取られたものであるかが示されているのだ。

それぞれのバッグには、世界中を旅したバックグラウンドがある。このタグを見れば、そんな過去の物語にまで思いを馳せることができるというわけ。

以下が現在発売中の6種類。ビジネスシーンからデイリーユースまで、ラインナップは幅広い。表記した価格は、7月17日時点の先行販売価格。

THE WEEKEND BAG
(約34,000円)

THE RUCKSACK
(約32,000円)

THE MESSENGER
(約30,500円)

LAPTOP SLEEVE
(約8,300円)

TABLET
(約6,200円)

PHONE
(約5,500円)

これらはすべて日本へのシッピングに対応。発送時期は12月になる見込みだ。

ラグジュアリーなものは、
持続可能な方法でも生み出せる。

同ブランドは、「ラグジュアリーな製品のために、必ずしもサステイナブルな考え方を犠牲にする必要はない」とメッセージを発信している。つまり、すべてをイチから生み出すことは必須ではないということ。

世界中を飛び回り、一度はその役目を終えた飛行機。しかし、バッグへと姿を変えたいま、再び新しい旅を始めようとしている。

Licensed material used with permission by Fallen Furniture
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...