廃棄された飛行機の「シートカバー」が、ラグジュアリーなバッグに生まれ変わった。

身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、最後に手にするモノがイマイチだとすべてが台無しになってしまう。

では、そんな重要度の高いバッグをどうやって選ぶ?

素材やデザイン、大きさなど、考慮すべき要素は多い。が、もしかすると「ブランドの世界観」と答える上級者だっているはず。そこで、こんな情報をお届け。

それぞれのバッグには、
異なる「ストーリー」がある。

Df27b2de364dc41b44a2cd35ef023c0df6021050

7月11日、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達を開始したばかりの「PLANE」は、廃棄された飛行機のシートカバーをゴミ処理場から“救出”し、その素材を活かしたバッグを製造しているブランド。レザーを効果的に使用することで、ラグジュアリー感をうまく演出している。

3c54b635d463a24cd3d1c94091ccb210547e51c6

そして、なんといってもこのタグがポイント。ここには、使用したシートカバーが、どんな機体から取られたものであるかが示されているのだ。

それぞれのバッグには、世界中を旅したバックグラウンドがある。このタグを見れば、そんな過去の物語にまで思いを馳せることができるというわけ。

以下が現在発売中の6種類。ビジネスシーンからデイリーユースまで、ラインナップは幅広い。表記した価格は、7月17日時点の先行販売価格。

THE WEEKEND BAG
(約34,000円)

9cf56f534adf3751ffa7cdd9a73fcfd490778239

THE RUCKSACK
(約32,000円)

7beba407f6bae3e9468b30b2b999d6c2d33236d1A6fbcfe971762a7ddea343b539be701d3126c2e867351c47a8f15274cd5597c3327a3d153b01b062

THE MESSENGER
(約30,500円)

9b87c16704bdbbf785534fe6c38c45a186f9e0c0

LAPTOP SLEEVE
(約8,300円)

B548e7591a6b816f6e7b1f43aa4d7c3fe1c583988daddf4fe244a6719689f148bcf920ca0f908807

TABLET
(約6,200円)

06c65b8d0442865bda231ed4a5a453a60eb14e06

PHONE
(約5,500円)

71a0acb3269dcd9a89d27ae5389901b13db46dcb

これらはすべて日本へのシッピングに対応。発送時期は12月になる見込みだ。

ラグジュアリーなものは、
持続可能な方法でも生み出せる。

9bde51d9eb847daf2439d7e8a79eec11f66bbdd341699389303e97402536c64522221477486b107e

同ブランドは、「ラグジュアリーな製品のために、必ずしもサステイナブルな考え方を犠牲にする必要はない」とメッセージを発信している。つまり、すべてをイチから生み出すことは必須ではないということ。

04429f49e3c1a04c286f5860ca018c97ec6b86869dcf6b8b89996a0f4ee49d1153b0147287611220

世界中を飛び回り、一度はその役目を終えた飛行機。しかし、バッグへと姿を変えたいま、再び新しい旅を始めようとしている。

Licensed material used with permission by Fallen Furniture
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
静岡の〈JETMINMIN〉による「DART! MINI」というバッグです。よくみるとわかりますが、メインの素材として使っているのはブルーシート。頑丈で水...
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...
どこから見ても、ほとんど平面のイラスト。だけど、リュックとして背負え、バッグとして肩から下げられる。あの不思議な2Dバッグに新作が登場しました。カワイイ+...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...