「飛行機あるある」を描いたイラスト 思わず共感っ!

「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に愛されている彼ですが、これは実際にした飛行機移動の体験を細かく絵で説明したもの。多くの人が共感しているようですが、心当たりはあるでしょうか?一部紹介します。

18時53分
さあ出発!

と同時に「ひじかけ」の席取り合戦が勃発。

21時05分
ディナーはパスタに決まり

…やっぱチキンにしよ。

21時30分
ちょっと疲れてきたけどーー

もっと後ろまで倒れてくれよ!

2時05分
ネックピローの出番

次第にあらゆる体勢を模索するように。

5時10分
赤ちゃんが気になる…

鳴き声のことじゃなくて、そのバシネットで寝ている姿が羨ましいのだ。

8時05分
掃除の時間

ぐしゃぐしゃになった新聞紙と読もうと思っていた本を中心に、その上下に細かなゴミや壊れたプラスチックカップなどが山積みに。

8時07分
ところで…

読もうと思っていたのに、全然読めなかったな。

8時15分
そろそろ靴を履く時間

11時52分
残された時間を、ぼんやりと窓の小さな穴を見つめて過ごす

寝れなかったし、本も読めなかった。それに、考えゴトもあまりできなかったな…。

12時46分
到着してホッとする瞬間

壊れて開いちゃったスーツケースは、どうやら僕のじゃなかったみたい。

その他にも魅力的な作品は、彼のホームページで確認できます。気に入った人は彼のイラストブック「Abstract City」もチェックして見てね!

It was originally done for Christoph’s own New York Times column and the Sueddeutsche Zeitung.

Licensed material used with permission by Christoph Niemann, Twitter, Facebook, Instagram,
他の記事を見る
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
気がつくと「お腹が空いたな〜」「何食べようかなぁ」と考えてしまっている食いしん坊なアナタ。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんが描く「ある...
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
「ふぅ〜」っとため息が止まりませんでした。見ているだけで、やさしい愛が伝わってくるカップルのイラスト。どれも、何気ないシーンなんだけど、平凡だからこそ共感...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
女性の「あるある」を描くマンガがInstagramで話題のPlanet Prudenceさん。女性なら、思わず共感しちゃう?可愛らしくもユーモラスな雰囲気...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
誰かを好きになると、優しさやルックスとは別の価値基準が定まります。自分にしか見せない「顔」を出したり、他の人じゃわからない「気づき」を与えてくれたり。ロシ...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...