思わず笑っちゃう「お金持ちのシャワー」にイラストを追加してみた

日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にかかれない文化でもあります。

そんななか、Artxauroraxartの描いた「お金持ちのシャワーって、なんか笑える」とツッコミを入れたイラストが話題になっていました。確かに言われるとだんだん面白く見えてきちゃう、ゴージャスなシャワールームをご覧ください。

01.
広すぎて恥ずかしい!

こんなにオープンだなんて…ちょっと恥ずかしい。

02.
「UFO」に
吸い込まれるみたい

水道代が気になっちゃうくらい、いっぺんに大量の水が出るシャワー。照明の効果も相まって、UFOからの光に見えちゃいます。

03.
水圧が強すぎて
キャーッ!

上から下まで、大砲のような水圧が飛び出るこちらのシャワー。そうとう鍛えているアスリートとかじゃないと耐えられなそうです。

04.
階段でツルン

お風呂のなかに階段…というのも、信じがたいことのようです。

05.
え、火事?

まるでスプリンクラー!こんなに大量に浴びせかけるなんて、火事でもあった?

06.
宇宙人がコンニチワ。

もはやシャワーなのかもよくわからない、輪っかのような照明がある青い部屋。宇宙人でも住んでいるのでしょうか。

07.
虫がぁぁ!

外とつながったシャワールーム。露天風呂に馴染みのない国では、どうやら虫が気になって仕方ないようです。

08.
やっぱり広いと
心もとない…

やっぱり、広すぎると落ち着かないですよね。

09.
ガラガラガラガラ…

思わずうがいをしたくなっちゃような、滝のシャワー。

「だって、面白くない?」

イラストの作者でもあるArtxauroraxartは、過去に自分が笑ってしまった経験から、その面白さをみんなにも共有したい、って思ったのだそう。それがいつのまにか人気のシリーズにまでなりました。ちなみに、作者本人の理想は「大きなバスタブと海がテーマのお風呂」なんだそうですよ。

Licensed material used with permission by Lily Finlayson
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
食事の作法には育ちが表れる。とは、よく聞く話。ところが、「LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏によれば、シャワーでの癖や仕草こそ...
いっぱいかいた汗を流してサッパリ、体もポカポカと温まる。この時期のシャワーって気持ちがいいですよね。もちろん熱いシャワーもいいのですが、とくに冷水をオスス...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとした...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
オンラインメディア「Lifehack」の「お金持ちの節約術」が話題です。ゼロから財を築いてお金持ちになった人は、どのように財産を築いていったのでしょうか?...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
昨今、「貧しくはないけれどお金持ちとは言えない」、いわゆる中流階級の層が狭まり、二極化が始まっています。お金持ちか貧乏か…もしも、前者を望むのであれば、「...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
お金持ちになりたいなら、まずは「思考の切り替え」が必要です。作家であり、金融についての情報を発信するメディア「moneyminiblog」の代表を務めるK...
「DewGood」を電源につなぎ、屋外に放置しておくだけで、1日に最大10ガロン(約40L)の水を作り出してくれるそう。仕組みは空気中の水蒸気を冷やすこと...
ニューヨーク大学の研究によると、経済的地位の高い人ほど街中のホームレスや他人に目をやる時間が無意識のうちに短くなるとのこと。経済的に恵まれている人が周囲を...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
性格の良し悪しが、顔に表れるというのは本当だと思う。眉毛の位置とか、目尻が上がってるか下がってるか、とかね。だけど最近発表された論文ではなんと、「お金持ち...