ホームレスたちの鼻歌が聞こえてくる、その名も「シャワー・トゥ・ザ・ピープル」

米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。

「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提供まで、その内容はさまざまですが、以前までジェイクが行なっていたのは石鹸やシャンプーの配布だったそうです。しかし、ある日。一人のホームレスが申し訳なさそうにそれらの受け取りを断ってきたと言います。

「石鹸やシャンプーを
使う機会がないんだ」

98345325dfab08a19e52c8ba237724a3a690da9a856423f2a0b4f2ad6e14b5f943b670834513f6ed

ジェイクはホームレスの言葉にハッとさせられました。そして気がついたのは「石鹸やシャンプーは、安心してシャワーを浴びられる環境があってこそ喜ばれるもの」というごくごく当たり前のこと。

そのあとのジェイクの行動は素早いものでした。中古のトラックを5,000ドル(約52万円)で購入し、クラウドファンディングで集めたお金で内部を改造。個室のシャワー2つと、シンクや鏡なども後付けした、簡易シャワーを作り上げたのです。

「シャワーは体だけじゃなく
心もキレイにしてくれる」

48bd15b2356690ac0bc24cb9aa039b0f4a7e7638

つけたプロジェクト名が、これまた秀逸。「シャワー・トゥ・ザ・ピープル(人々にシャワーを!)」

現在は、地元セントルイス警察の協力も得ながら日々シャワートラックを走らせ、1日平均60人のホームレスにシャワーを浴びる機会を提供しているそうです。

「体を清潔にしてくれるのはもちろん、シャワーがあれば彼らの心もスッキリさせてくれるんだ。仕事を見つける上でも基本的な衛生状態は大切だし、何より病気や感染症の予防にもなるからね」

温かいシャワーを浴び、さっぱりとした表情になるホームレスたち。そんな姿をノリノリのBGMに乗せた、プロモーションMOVIEも必見ですよ。

Licensed material used with permission by Shower To The People
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
食事の作法には育ちが表れる。とは、よく聞く話。ところが、「LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏によれば、シャワーでの癖や仕草こそ...
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとした...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
いっぱいかいた汗を流してサッパリ、体もポカポカと温まる。この時期のシャワーって気持ちがいいですよね。もちろん熱いシャワーもいいのですが、とくに冷水をオスス...
ホームレス、売春、恐喝、アルコール中毒、窃盗、傷害、詐欺、嘘、裏切り…。この映画は、現代におけるすべての闇の要素で構成されている。主人公は、引きこもりのホ...
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
YouTubeで「泣ける…」と話題になったのが、ここで紹介する動画です。書店の前にいつも寝転がっているホームレスの青年と、その店主のやり取り。最後には、胸...
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...