ホームレスがホームレスのために仕立てる「3WAY」コート

かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻した。米自動車産業の凋落は多くの失業者を生み、途方にくれた人々の多くが路上生活を余儀なくされた。

マイナス10℃以下になるデトロイトの冬を乗り切るため、あるコートがホームレスたちにとって欠かせない存在になっている。

3WAYの多機能コートは
路上での生活に焦点を当てたもの

このコート、後ろ身頃が二重構造になっていて、チャックを開いて広げると足元まで伸びる寝袋として使用することができるすぐれもの。

コートの両腕に付いたストラップをパチンと閉じれば枕が完成する。さらに使っていないときはクルクルと丸めてしまえば、ショルダーバッグに早変わりする3WAY構造だ。

だが、多機能だけがEMPWRコートのウリではない。ナイロンバッグの定番ともいえる、優れた耐久性を有するコーデュラナイロンを使用し、長持ちするようタフさにとにかくこだわったつくりだとか。おまけに耐水性能も高いらしい。

なぜ、そこまで丈夫さにこだわるのか。理由はこのコートに袖を通す人たちにある。主なユーザーは路上で生活するホームレスたちだから

ホームレスが仕立て
ホームレスが着る。
雇用を生み出す循環型ビジネス

ホームレスの子どもたちが成長しても、ホームレス生活から脱却できない。この悪循環を断ち切るためNPO活動団体「The Empowerment Plan」は、路上で生活するひとり親を対象に、職業訓練とフルタイム雇用を支援し続けている。このEMPWRコートは、そんな彼らの手によって生み出されたもの。

コートの生地はアパレルブランド「Carhartt」より使用されずに余ったマテリアルを譲り受けたもの。同じように、自動車製造に使用された断熱材は「GM」から、他のパーツも、その大半が大手企業などからの寄付でまかなわれている。

個人、企業、財団、地域コミュニティの協力なくして、すべてを達成することなんてできません」、とデトロイトで大学教授として勤めてきた同団体CEOのVeronika Scottのコメントをdesignbloomの記事は紹介している。

地域の協力を得てコートをつくるのがホームレスなら、それを着るのもホームレスだ。厳しい冬場の路上を知る彼らだからこそ、コートの断熱性やタフさにこだわるのかもしれない。

路上生活からの脱却と
デトロイト復興ののろし

プロジェクトがスタートした2012年以来、34人が路上生活から更生し子どもたちとともに暮らす住宅を確保するまでに。また、彼らによってこれまでに15,000着以上のコートがホームレスへと渡った。

デトロイト市の復興を告げるように、地元の人と企業が協力し合い生まれたEMPWRコートが、今ではアメリカ40都市、カナダ7つの都市に拡散しているそうだ。

Reference:designbloom
Licensed material used with permission by The Empowerment Plan
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
オーストラリアを拠点に活動する慈善団体「Beddwon」は、夜間に使われていない駐車場スペースを利用して、ホームレスのための「ポップアップ宿泊施設」を立ち...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
YouTubeで「泣ける…」と話題になったのが、ここで紹介する動画です。書店の前にいつも寝転がっているホームレスの青年と、その店主のやり取り。最後には、胸...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...