平野星良

平野星良

TABI LABO ライター

台所で過ごす時間と、金魚の尾ひれと、窓際に置いたガラスのコップに差す光が好き。「快適な暮らしは、自らの手で創造してこそ価値がある」がモットー。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
ピエール・エルメ・パリといえば、誰に聞いたってマカロンですが、自分のために買うならば「ドゥミルフィーユ」。
この手の惣菜パイって、たいていはトマトピューレやウスターソースなどで味付けされた、ミートソースの具のようなものが多いんだけれど……。
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
牧畜文化と小麦文化の交流の中で生まれたモンゴル家庭料理「ホーショール」について。