居酒屋気分にどっぷり浸る「カセット調理器」

カセットガス器具のメリットといえば、言わずもがなですがコードレスで食卓だけでなく屋外へと持ち出せる機動性。

なかでも、「2〜3人で“焼きもの”をつまみに楽しみたい」ときにオススメなのがイワタニのホームメイドシリーズ「炉ばた焼器 炙りや」です。

©2020 NEW STANDARD

何といっても「炉ばた焼き 炙りや」のかしこい点は、食材をガスの直火で焼くのではなく、いちど火を輻射板にあて、赤熱させた輻射熱でもって食材を焼くという調理法。だから、炭火で焼いたようにムラなくじっくり焼けます。

もっぱら「焼き鳥」で楽しんでいます。

買ってきた焼き鳥をレンチンするだけでは味気ないってことで、こいつの出番。見よう見まねでいい加減に竹串に鶏肉を刺していくのも楽しみのうち。淵に取り付けられた波型の「串焼きステー」を立ち上げて(写真は倒れちゃっています)串を溝に引っ掛ければ、輻射熱で程よく火が通るってわけ。

タレや脂が落ちてジュッと煙とともに香ばしいにおいが立つ。もう、これだけでグラスが空になります。

©2020 NEW STANDARD

落ちた脂や焼けカスは「しる受けトレー」がしっかりキャッチ。また、付属の「焼き網」を敷けばBBQの要領で、肉も魚も野菜もOK。串焼きに網焼きに、アウトドアでもインドアでも活躍するカセット調理器なら、間違いなくこいつが最強。

ついでに言うと、同じ規格の「極厚バーベキュー鉄板」やたこ焼きの「炎たこ用プレート」への付け替えも可能(どちらも別売り)。5000円代でこの汎用性は、さすがイワタニ。

「炉ばた焼器 炙りや」で検索してみて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
〈ANOD(アンドー)〉というメーカーのポータブルカセットプレーヤーです。3,000円出せば新品が買えるというチープさ。カセットの音を楽しみたい人はコレで。
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
京都・河原町の人気ホテル「GOOD NATURE HOTEL」が、アウトドア体験にどっぷり浸れる宿泊プランの予約販売をスタート。
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...